ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学生と社会人の仕事の違い

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

学生と社会人の仕事の違い

「学生を立派な社会人に育てあげている大学は存在するよ。」 2013年08月30日 『Handmade Future』
http://yorikanekeiichi.com/university-of-shizuoka-kokubo-seminar-4257.html

これどうなのかな。大学生や大学院生との開発とかやるけど(専門分野は現役の彼らの方が詳しい)、仕事のジャンルがやっぱ違うと思うのだよね。

純粋に技術的な部分を彼らに集中してやってもらって、そのお膳立ては社員がやる。いろいろごちゃごちゃした仕様の詰めとか、対外的な交渉とかは、学生にやらせるわけにはいかないから。

さらにいえば技術的な開発の部分も、なるべく他の部分から独立した中心部分。だいたい外側に行くほど、客や他の開発グループとの仕様の調整が多くなってくるわけで。

   *   *   *

俺も学生のバイトの頃(まあ、おおむかしですな)は、そういう純粋に技術的な「きれいな」部分をこなしてたのだけど、社員になって今度は学生のために、お膳立てをする側になった。その時「なるほどな、これが本当の仕事か」と思ったものだ(苦笑)。

バイトの頃は、仕様の調整とかあっても社員がクッションになってくれていた。「え~また仕様変更ですか~」みたいに思ってたけど、それは実は全然マイルドで、サスペンションが効いた乗り心地のよい車だった。社員になったら今度は自分がサスペンション!(笑)。

執筆:この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年09月06日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP