体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダッチバイクのある風景

036-kinderdijk2

最近周りに自転車通勤する人が増えているような気がします。今回は自転車先進国オランダの自転車事情についてスキポールさんにご寄稿いただきました。

ダッチバイクのある風景
チューリップや運河のイメージが強いオランダだが、この国は知る人ぞ知る自転車先進国だ。人よりも自転車の数が多いというこの国は、九州ほどの面積しかない平たい国土に、およそ1万8000kmにも及ぶ自転車専用道が整備されている。歩行者と自転車と車とがそれぞれ独立して安全に行き来することができるインフラは実に素晴らしい!ルールがわかっていない観光客が自転車レーンに突っ立っていたりでもしたら、猛スピードの自転車にベルを鳴らされたり、にらまれたりすることもあるが、それは自転車文化がこの国の中に確立されている証拠でもある。

303-amsterdam1

政府や企業の働きも優秀で、自転車通勤の人には自転車購入費用の何%かの手当が支給されるケースも少なくない。このような効果もあってか、外出時の自転車使用率は約30%、毎日の自転車通勤通学率にいたっては50%近い。さすが「女王様も自転車で買い物に出かける」と言われているオランダだけのことはある。

008-amsterdam1

国土の1/4が水面下というこの国は、地球温暖化による海面上昇問題に直面していることから、人々の環境問題に対する意識は高く、まさにエコとして自転車を利用している面も大きい。

オランダも最初から自転車先進国だったわけではない。例えば旧市街への車の乗り入れ禁止など、自転車を優先させることに関して、当初市民は反発していたという。ここまでの道のりは決して簡単なものではなく、長い年月をかけて自転車文化が発達してきたのだ。日本もあきらめてはいけない。

オランダでレンタサイクル
もしあなたがオランダへ行く機会があれば、自転車のレンタルがオススメだ。オランダには各所にレンタサイクル店があり、例えば中央駅を降りて右側に店を構えるMacBike(http://www.macbike.nl/)では、7ユーロからレンタルが可能。レンタルの際は、パスポートなどの身分証明書の他に、50ユーロかクレジットカードをデポジットとして預ける必要がある。

道や交通ルールに不安があれば、15ユーロで参加できるガイドツアーを利用するのもいいだろう。アムステルダムの街は自転車で散策するにちょうど良い大きさで、道もずっと平坦(へいたん)で安全だ。ぜひサイクリングを楽しんでみてほしい。この国の風土、そして自転車の必要性や利便性を肌で感じることができるだろう。

003-schiedam

自転車にはガッチリチェーンキー
街中で見かける大半の自転車は、いわゆるオランダの伝統的な実用自転車(通称:ダッチバイク)で、質実剛健なフレームとどこか可愛らしいルックスが魅力だ。一方で盗難が多いのも事実。年間約80万台が盗まれるというオランダでは、バイク用と見間違えるほどの太いチェーンキーを使って運河の柵(さく)などに固定するのが普通だ。それでも盗まれる場合があるため、きれいな自転車やニューモデルなどは家の中に停めておく必要がある。

113-amsterdam
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。