体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レビュー】お茶の間インターネットの決定版なるか?『ROBRO TV』を触ってみた

先日、ドウシシャから発表となった”インターネットができるパーソナルテレビ”こと『ROBRO TV』(ロブロ TV、以下、ROBRO)の試作機がガジェット通信にやってきました。「今までのインターネット機能付きテレビとはちょっと違う」という『ROBRO』、一体どんな特徴を携えているのか、レビューしてみたいと思います。

– 「TV-WEB シームレス ブラウザ」

いきなり結論から言うと、『ROBRO』はネットブック相当のパソコンが内蔵された「地上デジタルハイビジョン液晶テレビ」です。さらに突っ込んだ言い方をすると、全画面がブラウザであり、地上デジタルの画面も実はブラウザで制御されているという徹底(?)ぶり。実はこうすることで、「テレビチャンネル」と「インターネットのお気に入り」のそれぞれを強く意識することなく、切り替えることができるようになっているのです。

たとえば、「チャンネルスロット」というリモコンのボタンを押すと、テレビとお気に入りが登録されたランチャー(ボタンの集合のようなもの)が登場します。ここにはNHK教育もフジテレビも『Yahoo!』も『楽天』も『G-mail』も、同じ扱いで登録されているので、チャンネルを切り替えるようにインターネットのお気に入りにアクセスすることができるのです。

– 「リモコンだけ」にこだわったユーザーインタフェース

この手の製品開発では、ユーザーインタフェースはとても気を使う部分のひとつです。もともとキーボードとマウスでの操作が前提で作られているウェブブラウザの操作をリモコンのみで行うには、何かしらの工夫が必要になってきます。実は『ROBRO』でインターネットに接続すると、リンクのすべてに赤文字で3桁の番号が振られるのです。

移動したいリンクに対して番号をリモコンで入力すると、ジャンプできるというわけなのです。Flashページなどの場合も考えて、「マウスモード」というのも搭載されています。この場合はリモコン上のカーソルキーでカーソルを画面上で移動させることが可能です。

では、「ネットショッピングなんかでIDやパスワード入力が必要だけどどうするの?」という疑問も当然出てきます。この時には、リモコンの数字部分がケータイでの文字入力のように働きます。マウスやキーボードは使ったことないけどケータイのメールなら打てる、という人にとっては非常になじみ深い入力方法というわけです。

– 『Windows XP』と『Internet Explorer』と『Intel CPU』という「王道」だからできること
搭載されているOSは『Windows XP Embedded』という組み込み専用のもの。そしてブラウザは『Internet Explorer7』(カスタム版)。いずれもパソコンのユーザーには当たり前すぎるほどなじんでいる名前のいわば王道。そして搭載されているCPUも『Intel Atom』です。これらの組み合わせが意味するところは、”枯れた”環境であるため開発が非常に容易である、ということ。そして今後のバージョンアップもパソコン市場に従いやすいため、容易な性能アップが予測できます。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。