体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あえて“ラジカセ”と呼ばせていただく!パワードウーファーCDシステム『RV-NB50』製品レビュー

rvnb50_1

発表以来、ラジカセ世代の心をワシづかみにして話題のパワードウーファーCDシステム『RV-NB50』をお借りしました。フルレンジスピーカー2基に加えて、重低音を再生するスーパーウーファーを2基搭載し、CD、FMラジオ、『iPod』、USBメモリーの再生ができるデジタル世代のオーディオシステム。小型・薄型・軽量がもてはやされる昨今、デカさと重低音を売りにする、日本ビクターの男気を感じさせる製品です。

・外観を味わう

rvnb50_2

チューブ型の本体両端にスーパーウーファーが取り付けられた、特徴的な外観が目を引きます。正面には2基のフルレンジスピーカーを配置し、その間に操作パネルと『iPod』のドック、天面にCDプレーヤーを配置。『iPod』ドックは開閉式ドアでガードされており、見た目はラジカセそのものです。

紹介記事では「それにしても、デジタル世代のパーソナルオーディオで“ラジカセ”に代わるよい名称って、何かないものでしょうか?」と書きましたが、あえてこの製品は“ラジカセ”と呼ばせていただくのがよいかもしれません。

rvnb50_3

フルレンジ用とスーパーウーファー用に2コ用意されている大きなボリューム、ロックを解除して開ける『iPod』ドックとCDプレーヤーのフタなど、いずれもパーツはゴツい作り。屋外で使ったり、多少乱暴に扱っても問題ありません。ヘビーデューティーな使い方を想定した設計であることは、後でまた説明します。

・迫力と音質を両立した設計
音を鳴らしてみましょう。サウンドモードは通常「FLAT」に設定されていますが、低音を重視した「BEAT」、低音を若干絞って中音域を聞かせる「POP」、中音から高音域を聞かせる「CLEAR」の4種類のモードから選択できます。

スーパーウーファーから鳴る低音は、見た目どおりの迫力。両サイドのスーパーウーファーをチューブ型のボディで支える“バスチューブ構造”が余分な振動を低減し、安定した低音を響かせてくれます。

スーパーウーファーとフルレンジスピーカーは独立したアンプでそれぞれ制御しているのがポイント。低音のボリュームを上げても、中音から高音域の再生に影響を及ぼしません。見た目から、どうしても低音の再生に注目がいきますが、実は中音域をクリアに再生できることにも注目できます。低音重視のダンス音楽だけでなく、ロックやポップスを聴くのにもオススメです。

・ラジオ+3種類のメディアに対応

rvnb50_4

『iPod』対応製品についてアップルが定める性能基準を満たす「Made for iPod」のお墨付き。『iPod』ドックは、『iPod mini』の第1世代と第2世代、『iPod nano』の第1世代から第5世代、『iPod』の第4世代、『iPod photo』の第4世代、『iPod video』の第5世代、『iPod classic』、『iPod touch』の第1世代と第2世代に対応。もちろん『iPhone』にも対応します。フタを閉めた状態でも、付属のリモコンから基本操作が可能。

rvnb50_5

CDは天面にあるプレーヤーのフタを開けてセットします。ロック式なので簡単に開くことはありませんが、さすがに本体を傾けると再生が中断してしまいます。持ち歩きながら再生するときは、本体を水平に保つように注意が必要です。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会