ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

重低音を持ち歩け!パワードウーファーCDシステム『RV-NB50』

rnvb50_1

ラジカセ世代にはちょっと気になる製品。日本ビクターは、迫力の重低音を再生するスーパーウーファーを2基搭載したパワードウーファーCDシステム『RV-NB50』を12月下旬に発売します。価格はオープン。

CDプレーヤーとFMラジオ、『iPod』のドックを搭載するほか、USB端子にUSBメモリーを挿して音楽ファイルの再生ができるオーディオシステムです。フルレンジ5W×2、サブウーファー15W×2から構成し、総合40Wの大出力。重低音はスーパーウーファー専用ボリュームで6段階にレベルが調節できます。

2基のフルレンジスピーカー、2基のスーパーウーファーの4スピーカーを独立したアンプで駆動するため、迫力ある重低音と同時に、にごりのない中高域の再生を実現。両サイドのスーパーウーファーをチューブ型のボディで支える“バスチューブ構造”により、音質に悪影響を与える振動を低減します。

rnvb50_2

『iPod』を挿すドックは、開閉式ドアで『iPod』をガードするビルトイン構造。ドックに収納した状態でも、ディスプレーを見ながらリモコンで基本操作が可能です。アップルが定める性能基準を満たす「Made for iPod」のお墨付き。

rnvb50_3

AC100V、DC12Vのほか、単1電池10本の電源に対応します。持ち運びに便利なショルダーベルトが付属するので、肩からさげて重低音を外に持ち出しましょう。それにしても、デジタル世代のパーソナルオーディオで“ラジカセ”に代わるよい名称って、何かないものでしょうか?

・『RV-NB50』仕様
サイズ:W666×D240×H231mm
重量:6.8kg(乾電池含まず)
実用最大出力:フルレンジ 5W+5W、ウーファー15W+15W
チューナー受信周波数:FM76.0~90.0MHz
CD部対応フォーマット:CD-R、CD-RW(CD-DA、MP3、WMA)
USB部対応フォーマット:USBマスストレージクラス(MP3、WMA)
消費電力:電源ON時 28W、待機時 1W以下
電源:AC100V(50Hz/60Hz共用)、単1電池×10本、DC12V(別途市販アダプターが必要)
スピーカーサイズ:フロント 8cmフルレンジ 密閉型、サイド 13cmウーファー バスレフ型
付属品:リモコン、電源コード、単3乾電池×2(リモコン動作確認用)、ショルダーベルト

■関連記事
【写真付き】重低音を持ち歩け!パワードウーファーCDシステム『RV-NB50』
部屋のどこにいてもOK!ロジクールが『360°サウンド』採用スピーカー2機種発売へ
最高の音質にクリスタルな美しさを『グラススタンドスピーカー』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき