ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile “Honami”のNTTドコモ版「SO-01F」がFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile “Honami”のNTTドコモ版とみられる「SO-01F(PM-0440-BV)」が8月9日付でFCCの認証を取得しました。FCC IDは「PY7PM-0440」です。「PM-0440-BV」が「SO-01F」であることはAuthorisation Letterに明記されています。FCC IDのラベル貼付け図面がすでにFCCを通過したグローバル版“Honami”となる「C6902」と「C6903」と同一のため、「SO-01F」は“Honami”のNTTドコモ版と考えることができます。“Honami”はXperia Zの後継で、5インチフルHDの液晶、Snapdragon 800プロセッサ、2GB RAM、背面に2,000万画素の高性能カメラ、3,000mAhバッテリーを搭載すると噂されています。ドコモ型番がFシリーズに変わっているので2013年秋または冬モデルとして発売されると予想されます。FCCの認証資料によると、「SO-01F」は、GSM 850/900/1800/1900MHz、WCDMA 800(Band 6,19)/850/2100MHz、LTE 800/1500/1800/2100MHz、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、RFIDの周波数帯に対応しています。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Android端末がセカンドスクリーンになる、Chromecastエミューレーター「CheapCast」が開発中
京セラ、米T-Mobileに「Kyocera Hydro XTRM」を投入か?
スリープ中でも音声でGoogle Nowを呼び出せる、「Moto X」の“Always-On”機能を再現したAndroidアプリ「Open Mic+ for Google Now」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP