ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、2013年度第1四半期は960万台のスマートフォンを販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyが8月1日に発表した同社の2013年度第1四半期の決算資料からSony Mobileのスマートフォンの販売台数が前年同期比29%増の960万台であることが判明しました。Sonyのスマートフォン販売台数は、2012年度の第1四半期は740万台、第2四半期は880万台、第3四半期は870万台、第4四半期は810万台。年間では3,300万台でした。昨年度は、第1四半期が年間を通して最も少ない期となっていましたが、今期は昨年度の各四半期全てを上回る960万台を販売しています。第1四半期におけるSonyグループ全体の売上高は前年同期比13%増の1兆7217億円、営業利益は364億円の黒字と増収増益という結果でした。増収・増益の要因としては、為替相場の好調、スマートフォンの販売台数増加したこよによるモバイルプロダクツ&コミュニケーション部門の好調ぶりが影響したと説明されています。その部門の売上高は前年同期比36.2%増の3,890億円、営業利益は、前年が281億円の赤字だったのに対して、今期は59億円の黒字となっています。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
MotorolaのCEOが低価格版「Moto X」の発売を示唆
Acerがエントリーモデル「Liquid Z3(Z130)」を発表
IGZO&フルセグ搭載タブレット「AQUOS PAD SH-08E」が本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。