ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、TDD-LTE/FDD-LTEデュアルモード対応のGalaxy S 4とGalaxy S 4 miniを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは7月31日、TDD-LTE/FDD-LTEデュアルモードに対応した「Galaxy S 4」と「Galaxy S 4 mini」の発売予定を発表しました。これは、時分割多重方式のLTE(TDD-LTE)と周波数分割多重方式のLTE(FDD-LTE)の両方をサポートしていることです。国内でTDD-LTEは、ソフトバンクが「SoftBank 4G」の名の下で提供しており、FDD-LTEは、ドコモが「Xi」、KDDが「4G LTE」、イーモバイルが「EMOBILE LTE」、ソフトバンクが「SoftBank 4G LTE」の名の下で提供を行なっています。LTEサービスを提供しているといっても国・地域やキャリアによって採用している方式が異なりますが、今回発表されたTDD-LTE/FDD-LTEデュアルモードに対応した機種であれば、どちらの方式でも端末が適したモードに切り替えて通信を行なうことができます。Samsungの発表によると、今回発表された2機種のTDD-LTE/FDD-LTE対応機種は2013年Q3中にアジアと欧州の国で発売される予定です。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
富士通製スマートフォン「F-10D」「F-04E」「F-03E」「T-02D」「101F」がAndroid 4.1.2/4.2.2を搭載してBluetooth SIGの認証を再取得
Motorolaが「Moto X」と連動するChrome拡張機能「Chrome Connect」をChromeウェブストアにリリース
Sony、2013年度第1四半期は960万台のスマートフォンを販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP