ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パパンダがお出迎え!?「パンダコパンダショップ」が東京駅に期間限定オープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年40周年を迎えた名作アニメ「パンダコパンダ」。子どものころに観て以来、ファンという人も多いのではないだろうか。そんなパンダコパンダの限定ショップが、東京駅一番街キャラクターストリート内の「K-spot produced by KIDDYLAND」で、8月1日から9月2日までの期間限定でオープンする。

パンダコパンダは、日中国交正常化を記念し、2頭のパンダが贈られたことをきっかけに、オリジナル企画として制作された。演出を高畑勲氏、原案・脚本を宮崎駿氏が担当し、2人にとっても、今もなお大切な物語だ。

竹やぶの一軒家にたった1人で住んでいた少女ミミ子。小学生ながらしっかり者のミミ子が買い物から帰ってくると、小さな子パンダのパンちゃんが庭にいた。さらに、その親のパパンダも現れる。ミミ子に父親がいないことを知ったパパンダは、自分が父親代わりになると言い、ミミ子はパンちゃんの母親になると決める。こうして2頭はそのままミミ子と暮らすことになり、奇妙で楽しい新生活が始まった…。

40年のときを経ても、今なお色褪せることのないこの名作アニメ。期間中は、「パンダコパンダグラス(金魚/花火)」(各760円)、「パンダコパンダ風鈴」(1200円)、「パンダコパンダ プリントクッキー&アソートクッキー」(900円)など、数量限定のオリジナル商品を販売する。また、パンダコパンダグッズを購入すると、もれなくオリジナルノベルティをプレゼントするほか、、2000円以上購入すると、期間限定の特別ノベルティももらえる。

そして、なんと!パパンダが来場者を出迎えて、撮影会もおこなうとか!!

詳細が気になった人は、是非、情報満載のパンダコパンダ40周年記念公式サイト(http://pandakopanda.jp/)を見てほしい。パンダコパンダの愛らしいさにきっとメロメロになるはず。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP