体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「値段は決まっていません!」満足した分だけ支払う実験的試み『鬼丸食堂』ってどんなお店?

(※編集部より:鬼丸食堂の鬼丸さんはガジェット通信編集部に所属する編集スタッフですが、オフィスや鬼丸食堂のある原宿、そして自宅、旅先など好きな場所からリモートで編集作業してもらうという形でガジェット通信の仕事と個人で取り組んでいる鬼丸食堂を両立しています。というわけでガジェット通信からすると半分身内ではありますが、鬼丸食堂の取り組みは客観的にみても非常に興味深いものであろうということで、今回、第三者目線で取材させてもらいました)

提供する食事もドリンクも、すべて値段を決めず、お客さんに任せる“投げ銭”スタイルで営業する「鬼丸食堂(おにまるしょくどう)」。食事をして自分が満足した分だけ支払いをするという、一風変わったルールで今注目を集めています。

外食をした時、当たり前の様に決められた価格を支払う私たちにとっては刺激的な試みであり、美味しく・楽しくご飯を食べながら、物の価値や満足度について考えることができるユニークな場所。そのアイデアはどこから生まれたのか? 実際問題営業は大変ではないのか? 今回は、『鬼丸食堂』主催兼シェフの鬼丸美穂さんに色々とお話を伺いました。

――「鬼丸食堂」は、ご飯を食べたお客さんが「満足した分だけ支払う」というユニークなシステムで営業していますが、このアイデアはいつ頃生まれたのですか?

鬼丸:3年くらい前に友人から『ぷよぷよ』というゲームを作った米光一成さんの“お金がなくなり、競争がなくなり、労働がなくなる”という『米光予言』の話を聞いて、「ほんと!?でもすごく面白い!」と思ったのが始まりなんです。

――お金が無くなる?

鬼丸:価値をお金という数値に変えてモノにくっつけて交換するのではなくて、人にモノをあげるのが嬉しい “ちゅ”システムに変わるんです。

――“ちゅ”!?

鬼丸: “ちゅ”っていうのはもらった人がうれしい、それを見てあげた人がうれしい、そんなうれしさの単位で、うれしさはあげた分だけ減るんじゃなくて両方に増えたりするんです。

たとえば誰かがお花をプレゼントするっていう行為をする。そうすると、お花をくれたっていう気持ちとか想いとか全部合わさって、お花の価値そのものよりも、受け取った人は自分でお花を買うよりも、もっと嬉しかったりするわけですよ。喜んでいるその人の姿をみてプレゼントした人も嬉しくなる。

例えば上の図のように、お金でお花を買うとすると、販売者のお金は増えるが、購入者のお金は、減ってしまう。

しかし、幸せ“ちゅ”の考えだと、お花を貰ったほうはもちろん嬉しいので“ちゅ”が増え、あげたほうも、喜んでもらえたことが嬉しくて“ちゅ”が増えるということに。

鬼丸:その嬉しさを別の人に返したり。そういう想いとか、愛とか、優しさみたいなのを交換していけば、“ちゅ”の総量はどんどん増えていくし、その流通が広がればお金がなくてもなんとかなっちゃう世界が来るのではないかということなんです。想像したら楽しいですよね。

――そんなみんながハッピーになれる世界がきたら素敵です!

鬼丸:そんな「米光予言」に影響を受けて、いきなりお金をなくすのは難しいけど、お金の重さを少し軽くしようと思って自分ができることで実験的に始めたのが、料理を満足する分だけ食べていただき、満足した分だけお支払いしていただく投げ銭スタイルの食堂なんです。

――鬼丸さんは“食”を通して実験しているんですね。

鬼丸:お客さまで実験をしているという……(笑)。
980円のランチが美味しくなくてガッカリしたり、損をしたという感覚になる時ってありませんか? その逆で、こんなに美味しいのに980円は安いなあ、1,500円くらい払えるなと思うこともある。

また、パーティーなども、大体が会費制で金額が決まっているけれど、遅れてきた人は料理が残っていなくてほとんど食べられなかったり、逆にたくさん食べる人や飲む人もいる。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。