体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮本茂に忘れられた僕等は今すぐ、宮本茂を忘れよう。「1997」のファイナルファンタジーと、ダブルミリオンの黒歴史。

宮本茂に忘れられた僕等は今すぐ、宮本茂を忘れよう。「1997」のファイナルファンタジーと、ダブルミリオンの黒歴史。

今回は、真性引き篭もりhankakueisuuさんのブログ『真性引き篭もり』から転載させていただきました。

宮本茂に忘れられた僕等は今すぐ、宮本茂を忘れよう。「1997」のファイナルファンタジーと、ダブルミリオンの黒歴史。

宮本茂の発言をまともに取り合う、という行為自体が間違いである。まともに取り合うべきではないし、そもそも読むべきではない。発言者としての宮本茂は全く読むに値しない人物である。それを理由に宮本茂を叩くというのも間違いだ。宮本茂が読むに値しない発言を繰り返すのは、本人の責任ではない。あれは立場上の不幸だ。

宮本茂は不可侵の存在であり、アンタッチャブルな存在だ。何を言っても絶対に非難されない。もちろん、一部の好事家は真面目に揚げ足取りをするだろう。けれども宮本が出てきた時点でメディアは菊タブーよろしくひれ伏すし、信者はそれを崇め奉る。

任天堂は宮本茂の神性を宣伝広告に利用している。現代の任天堂がインターネットで行える最も効率的な宣伝こそが、宮本の露出なのだ。故に、任天堂は新作のゲームを発売する度に宮本を下界に送り出す。アンタッチャブルな宮本様は4gamerのような「下衆な媒体」にまで降臨なされ、有り難いお言葉をうがうがと放つ。聞くに値しないそんな言葉を下衆な媒体の糞メディアどもは検証無しに「ありがたやー」とご静聴して世に放つ。信者は崇めるしアンチは叩く。一般人は皆ひれ伏す。宮本が出現する度に散々繰り返された光景である。

しかし、これは宮本の責任ではない。宮本茂を広告塔に用いる会社の責任である。宮本は悪くない。宮本がどんなおかしな事を言おうと、どんなおかしな考えを持っていようと、宮本は一切悪くない。ゲームを作る人間の評価は、作ったゲームによって成されるべきだ。宮本茂が関わったゲームが面白いか、面白くないか、素晴しいか、素晴しくないか、という点のみが評価されるべきで、宮本茂の発言は全て無視されるべきだ。何故ならば、宮本茂の発言は宮本茂によって生み出されたものではなく、「神性を帯びた不可侵の広告塔」という社内での立場によって生み出されたものだからである。

宮本茂はいくつかの巨大な業績を残した果てに、本人が本来の能力を発揮する事の出来ない、適正を持たないポジションにまで上り詰めてしまった。これは出世の不幸であり、地位の不幸だ。そして歩く宣伝媒体という職業が生み出した不幸だ。故にこれまでそうであったようにこれからも、宮本茂の発言は一切顧みられるべきではない。もちろん、今現在も、なのだけれど。

宮本氏:
僕はアクションゲームをもう30年も作ってきたんですが、日本はアクションゲームの人気がだんだんと落ちていった国で、アメリカは育ち続けた国だと、大きく分けて考えているんですね。

アクションゲームって、その難しさを超えられない人にとって触りたくないものになっていくという問題点が、どうしてもつきまとうんです。そしてそれが、ゲーム全般に対する「難しいからイヤ」という拒否反応につながってしまっているところがある。

アメリカの場合は、チャレンジしてくれる人が多いので、最初のハードルを乗り越えて面白味を見付けてくれる人達が大勢いるんですが。

これを目にした時に、そのあまりの酷さに危うくブログを投稿しそうになった。けれども宮本茂は宮本茂なので、その発言を取り上げるのは完全に間違いだし、どうせもっと適切な他の誰かが書くのだろうと筆を折ったのだけれど、少し思うところがあったので書き残しておく。

宮本の主張は次の通り。

「私はアクションゲームを30年作ってきた」
「日本はアクションゲームの人気が落ちて行った国」
「アメリカはアクションゲームの人気が育ち続けた国」
「アメリカはチャレンジしてくれる人が多いので、ハードルを乗り越えて面白みを見付けてくれる人が大勢居るが、日本には大勢居ない。」

「私はアクションゲームを30年作ってきた」
これはマリオブラザーズの事だろう。

では、そのマリオブラザーズがどのくらい売れたかというと、まあ、それなりに売れた。それなりに売れたが、麻雀よりも売れなかった。それなりに売れたが、ゴルフよりも売れなかった。テニスよりも売れなかった。ベースボールよりも売れなかった。バレーボールよりも売れなかった。そんなもんなんですよ。アクションゲームなんてその程度のもの。アクションゲームなんてジャンルは、そうそう売れるジャンルではない。人民はアクションゲームなんてものを求めていない。

「だんだん落ちて行った」なんて事実はなく、元から売れてない。アクションゲームは最初から売れてない。四人麻雀や、F1レース程度にしか売れてない。アクションゲームなんてものは、元来その程度のジャンルだったんです。

アクションゲームには先行の利があった。ファミコンの時点でアクションゲームには歴史が有り、他のジャンルよりもゲームデザインの面で有利だった。また、ハードの性能が低く、他のジャンルで優れたゲームを作る事は難しかった。さらにサードパーティも不在だった。

スーパーマリオブラザーズというゲームは、そんな時代に登場したゲームなのです。これは売れました。確かに売れました。無茶苦茶売れました。傑出したソフトだったので、きちんと売れました。

けれども、スーパーマリオブラザーズには日本もアメリカも関係ありません。日本でも売れたしアメリカでも売れた。スーパーマリオは世界で売れた。問題はその後です。スーマリには続編が存在します。それがスーパーマリオブラザーズ2です。

日本では250万本という凄まじい売り上げを記録したスーパーマリオブラザーズ2は、宮本の言う「チャレンジしてくれる人が多い国」でどれだけ売れたでしょうか?宮本茂が「アクションゲームの人気が育ち続けた国」と言ったアメリカでどれだけ売れたでしょうか?

日本人はハードルを乗り越えてくれない。アメリカ人はハードルを乗り越えて面白みを見付けてくれる。宮本様の有り難いお言葉です。アメリカでスーマリ2がどれだけ売れたか。0本です。0本です。1本も売れていません。なぜならば、そもそもスーマリ2はアメリカで発売されなかったからです。

スーマリ2がアメリカで発売されなかった理由。
それは、「難しいから」です。
一体アメリカのどこがハードルを乗り越えてくれる国なんでしょうか。

皆様ご存じの通り、国外では夢工場ドキドキパニックが、マリオのキャラクターに差し替えられて「スーパーマリオブラザーズ2」という名前で売られました。日本という国は世界で唯一「宮本茂がアホみたいに上げたハードルの糞ゲー」を真面目に購入した国なんです。それも、ディスクシステムというハードウェアごと購入して遊んだ国なんです。250万本も買った国なんです。宮本茂が作った馬鹿げた難易度の糞ゲーに大金を支払い、プレイして裏切られ頭を抱えた国なんです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。