ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

古川日出男が故郷・福島でサマースクールを開校

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 小説家の古川日出男さんが代表を務めるサマースクール、「ただようまなびや 文学の学校」が、8月24日(土)、8月25日(日)に、同氏の出身地でもある福島県郡山市で開校する。

 このスクールは「自分の言葉を持つこと」がテーマ。
 作家・脚本家・翻訳家・詩人・ラッパーなど各方面から講師を招き、講義やワークショップ、対談を通して、参加者に「自分の言葉」「自分の文学」を体感してもらうことを目的とする。

 講師陣は芥川賞作家・川上弘美さん、トマス・ピンチョンの大作『メイスン・ディクスン』の翻訳で知られる翻訳家、柴田元幸さん、人気ドラマ『あまちゃん』の音楽を担当する大友良英さん、脚本家・吉田紀子さんなど豪華。もちろん古川さん自身も講師を務める。

 各分野のプロの言葉を聞き、交流することができる貴重な場だが、クラスは少人数制で、すでに人気講座は満席となり始めているので、興味がある人は、ホームページを通して早めに申し込みをしよう。

■ただようまなびや 文学の学校
日時:2013年8月24日(土)デコ屋敷本家大黒屋/8月25日(日)こおりやま文学の森資料館・ミューカルがくと館
主催:ただようまなびや実行委員会
後援:こおりやま文学の森資料館・公益社団法人 郡山青年会議所・プロジェクトFUKUSHIMA!
受講料:無料
郡山市ひとまちづくり活動支援事業補助金活用事業
公式ホームページ:(http://www.tadayoumanabiya.com/)
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
古川日出男、大長編『南無ロックンロール二十一部経』を語る(1)
古川日出男、大長編『南無ロックンロール二十一部経』を語る(2)
「“性描写”と“京都弁”は徹底的に書こうと思った」古川日出男インタビュー(1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。