ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

持ち歩いて使おう!ドキュメントスキャナ『ScanSnap S1300』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

PFUは、パーソナルドキュメントスキャナのエントリーモデル新製品『ScanSnap S1300』を11月21日に発売します。コンパクトサイズでUSBバスパワー駆動が可能なため、外出先でパンフレットや書類、名刺などをスキャンして使えるのが特徴。上位モデルの『S1500』に搭載される『インテリジェント機能(ISW)』も標準で搭載し、効率よくPDF化できます。


パソコン(PC)のUSBポート2基を使って、バスパワー駆動しながら使用が可能。別売りのソフトケースに入れて、ノートPCと一緒に持ち歩いて使えます。会社でも自宅でも使いたい場合や、出張先の資料の整理、展示会などで資料や名刺をすぐPDF化したい場合など、ビジネスユースで活躍しそうです。

『インテリジェント機能(ISW:Intelligent Software Function)』として、読み取った単語や文章をOCR処理して、PDFのキーワード情報として自動でインデックスする『インテリジェント・インデックス機能』、書類の色を識別してカラーモードを自動判別する『カラー自動判別機能』、書類上にマーカーで囲った部分を自動で切り出してPDF化する『インテリジェント・クロッピング機能』が利用できます。

Windowsと組み合わせて利用すると、読み取った文書を『Word』『Excel』『Powerpoint』の形式に変換する機能や、クラウドサービス『SharePoint Online』と連携する機能を利用できます。本体はWindowsとMacのハイブリッド対応。Windows用の名刺管理ソフト『名刺ファイリングOCR』とMac用名刺管理ソフト『CardMinder』が標準で付属します。

価格はオープンで、PFUの直販サイト『PFUダイレクト』では2万7800円(税込み)。ドキュメントファイリングソフト『楽2ライブラリ パーソナル V5.0』とのセットでは3万2800円です。ソフトケースは2980円(税込み)。

・『ScanSnap S1300』仕様
本体サイズ:W284×D99×H77mm
重量:1.4kg
読み取り方式:自動給紙方式(ADF)、両面同時読み取り
読み取りモード:片面/両面、カラー/グレー/白黒/自動
光学系/イメージセンサ:セルフォックスレンズ等倍光学系/カラーCIS×2
光源:RGB3色LED
読み取り速度(A4縦、ACアダプター使用時):
自動解像度モード 両面・片面 4枚/分
ノーマル(カラー/グレー150dpi、白黒300dpi相当) 両面・片面 8枚/分
ファイン(カラー/グレー200dpi、白黒400dpi相当) 両面・片面 6枚/分
スーパーファイン(カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当) 両面・片面 4枚/分
エクセレント(カラー/グレー600dpi、白黒1200dpi相当) 両面・片面 0.5枚/分
読み取り範囲:サイズ自動検出、A4、A5、A6、B5、B6、はがき、名刺、レター、リーガル、カスタムサイズ(最大:216×360mm、最小:50.8×50.8mm)、長尺読み取り863mmまで可
原稿の厚さ:64~104.7g/㎡
原稿搭載枚数:最大10枚
インタフェース:USB 2.0/USB 1.1(USB Mini-B Type)
消費電力:9W以下(ACアダプター利用時)、5W以下(USBバスパワー駆動時)

■関連記事
自動給紙で両面同時に超高速スキャン可能な『ScanSnap S1500』製品レビュー
何故私は狂った猿のように1000万円分の書籍を切り刻んだのか
雑誌スキャン販売『コルシカ』で購入できる雑誌が13冊に激減

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP