体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

連載終了作品がファンの応援で蘇る! 女性漫画家が「クラウドファンディング」で挑む新たな漫画の形

ムショ医

インターネット上で、不特定多数の人にプロジェクト実現への支援や協力を求める「クラウドファンディング」。ベースとなるビジネスモデルは17世紀にも存在していたとされる試みと言われていますが、2010年代に入り、クラウドファンディングを支援するサイトが続々と登場。現在日本でも10つほどのサイトが存在しています。

音楽・芸術活動を行うアーティストへの支援からベンチャー企業への投資まで、色々な募集が行われているわけですが、その中でも漫画好きのオタ女が注目なのが「漫画家 佐藤智美-女子刑務所で働く医師の活躍を描いた『ムショ医』続編を描きた~い!」というプロジェクト。

2008年から2013年まで5年間『週刊漫画Times』にて不定期連載を行ってきた『ムショ医』という作品の続きを書く為に、支援を募るというもので、実現すれば連載終了作品が再び蘇る漫画界”初”の「アンコール作品」の誕生となります。

プロジェクト開始直後には、佐藤智美先生の旦那様、佐藤秀峰先生による「嫁にインタビューしてみた。」(ブロマガ内)というエントリーも話題に。今回は、佐藤智美さんに今回のプロジェクトが実現したら描きたいテーマ、「ファンが読みたい漫画を決める」という漫画連載の新しい方向性まで、お話を伺いました。

――まずお聞きしたいのですが、連載が終了した漫画をクラウドファンディングによって、再び再開させようという企画自体のスタートです。

佐藤智美さん(以下、佐藤):クラウドファンディング自体は知っていたのですが、自分がそれをやろうとは思っていなくて、佐藤秀峰さんがクラウドファンディングについてTwitterでつぶやいた事によって「何か企画をしませんか」というお声がけをいただいたんですね。その時にちょうど私の作品が打ち切りになりまして。

2

――女性刑務所の内で働く非常勤医の活躍や悩みを描いた『ムショ医』という作品ですね。

佐藤:はい。私の初の連載作品で、実際に女子刑務所にも足を運んで描いたとても思い入れの強い作品です。連載は途中で打ち切りとなり、コミックは5巻までしか出す事が出来なかったのですが、その後のストーリーも自分の頭にはあったので、人気が無くて打ち切りになるのは仕方ないのは分かっているけど、悔しくて。私は悲しいよりも悔しい方が涙が出るタイプで、打ち切りを告げられた後、時間差攻撃でどんどん泣けてきたんですよね(笑)。

――この作品は今「漫画 on Web」で全話無料公開されていますが、佐藤先生はインターネット上での活動がとても先進的ですよね。まだ漫画家さんの中には「無料で漫画を公開するなんて!」という考えの方が多いのでは無いでしょうか?

佐藤:私も最初はすごく迷ったんです。『ムショ医』の最終巻5巻は2013年4月16日に発売したのですが、単行本の発売とWebでの無料公開の時間は少し空けようか、とか。実は最終巻の発売日と同日にWebでの「全巻無料公開」も考えていました。電子書籍の普及で紙で読む人とwebで読む人があまり被らないという事が段々分かってきていたので、同時に公開しようと。ただ時間的なことや、クラウドファンディング・サービスのサイトを急遽変えなければならないというトラブルもあって、「同時公開」は実現しませんでしたが(笑)。個人的な意見なんですが、いまでも紙で漫画を読む人は、いくらWebで無料で公開されていようが単行本を買ってくれるんですよね。もちろん「今までお金出して買っていたのに」と文句を言う方が存在することはするんですが。

また、電子書籍の価格設定って高すぎるとバッシングされますよね。私も旧作だとそう感じてしまう事もあるんですが、完全新作だったらしっかりとした値段をつけたほうがいいし、その場所でしか読めない作品ならば単行本よりもうんと価格を下げるというのは違うと思うし。

――まさに今回のクラウドファンディングは「ここでしか読めない作品」の作品の提供ですものね。漫画の連載ってこれまでは、編集さんや出版社の方の意向で決まってきたものですが、「まだ読みたい!」という読者の声で連載を続ける事が出来るのは、本当に素敵な試みですよね。私自身、大好きな作品が打ち切りになって悲しい想いをした経験があったので……。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy