体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2013夏アニメ『幻影ヲ駆ケル太陽』OPテーマ『träumerei』 LiSAインタビュー 「弱さを振り払って強くなりたい」

エンタメ
LiSA

LiSA。岐阜県出身、6月24日生まれ。
在学中よりバンド活動を開始し、2008年より東京に拠点を移し自身の音楽活動を続ける中、
2010年春より放送されたTVアニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster(通称:ガルデモ)」の2代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、ガルデモ名義で発売のシングル・アルバムランキングは全てオリコン上位に入るなど人気を集めた。
その後、2011年春にソロデビューミニアルバム「Letters to U」をリリースし、全国ライブハウスツアーを敢行。
’11年秋より放送したTVアニメ「Fate/Zero」では1stシーズンのOPテーマを担当し、’12年夏にはTVアニメ「ソードアート・オンライン」のOPテーマ「crossing field」をリリース。
現在海外でのライブ展開も精力的に行っており、LiSA本人の持つキャラクター性と観客と一体になるライブパフォーマンスは圧巻で、今最も目が離せないアーティストである。

今回は7月7日ANIMAXにて放送される『STUDO MUSIX』に出演することになったLiSAさんに新曲『träumerei』にまつわるエピソードを伺った。7月の『STUDIO MUSIX』は、LiSAさんのほか、全日本アニソングランプリでグランプリに輝いた岡本菜摘さんをゲストに迎えるほか、ANIMAX開局15周年記念企画May’n×喜屋武ちあき×LiSAという注目のスペシャルライブが行われる。

――新曲はどういう曲なのでしょうか?
LiSA:今回は『幻影ヲ駆ケル太陽』のオープニングです。物語の中でそれぞれのキャラクターが自分の宿命と向き合って、運命を選択して自分の中の弱さを振り払って強く生きていこうという歌なんですけど、オープニングとしてのメッセージと、私自身が何かをやるときに自分の中の守りたい何かだったり、何かになりたいけどやらなくちゃいけないことだったり、そういうときに自分の弱い心を振り払って強くなりたいんだっていう気持ちを歌った歌です。

――『Angel Beats!』以来のオリジナルアニメの曲ですが原作つきのものとの違いはありますか?
LiSA:『Angel Beats!』がアニメと関わった最初の作品なので、私にとっては作品を原作で渡されるか、台本で渡されるかという違いしかありません。原作があるものは背景も一緒に言葉としてイメージがしやすいように綴られているのですが、オリジナルアニメは台本なので、ひとりひとりのセリフが書いてあるだけで、その中で自分のイメージをふくらませるというところでは少し違うかなって思います。

――前回のMVはパンダが印象的でかわいい感じでしたが、今回はどういった感じなのでしょうか?
LiSA:今回は、赤と黒と緑という強い色3つが重なったイメージです。暗いイメージのところからはじまって、そこから毒々しい赤と緑と黒が出てきて、っていう感じで。自分の中の弱さを振り払って行く中で自分自身の中で葛藤して、強い気持ちがすごく重なって、それを振り払って強くなるんだ!っていうイメージなので強い色がいっぱい入っています。

1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会