ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血液型ごとに性格が違う! おしゃべり時計『クロックマン』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

タカラトミーは、可動式の目と口で表情豊かなおしゃべりをし、音声による起床アラーム機能、現在時刻のおしらせ機能を搭載した時計『クロックマン』を11月19日より発売します。『クロックマン』は、『血液型別自分の説明書シリーズ(文芸社)』の著者・Jamais Jamais(じゃめじゃめ)氏の協力のもと、血液型にあわせた4種類の性格タイプを設定。選んだタイプごとに異なる陽気なおしゃべりを楽しむことができます。

『クロックマン』の大きさは8cmの立方体、本体正面に可動式の目と口がついており、まばたきや口の動きで表情豊かにおしゃべりをする置時計。黒いボディカラーは、消臭作用や浄化作用などの効果が注目される“炭”をイメージしており、日々の疲れやストレスから発生する重い空気を、おしゃべりや笑いの力で浄化して快適な生活を送ってほしいという思いがこめられているそうです。

『クロックマン』の悩みは、職業が時計でありながら時針や液晶表示などの時刻表示がない“できそこない時計”であること。夢は「立派な時計になる」、特技はおしゃべりや笑いの力で「部屋をにぎやかにすること」だそう。「相棒!」と毎朝起こしてくれたり、季節や時刻に合わせておしゃべりし、時には怒ったりシュールなことも言いますが、心配や応援もしてくれたりします。

『クロックマン』の「始業時刻・終業時刻(仕事時間)」を設定すると、仕事時間中はボタンを押すと時刻を教えてくれたり、状態や時刻・季節に合ったおしゃべりをしますが、仕事時間が終わると『クロックマン』は目をつむって寝てしまいます。ただし、起床アラーム作動時にユーザーがなかなか起きなかったり、『クロックマン』の仕事時間外にボタンを押したりすると、『クロックマン』は不機嫌になり話す言葉が無愛想に。また、静かにしていてほしいときは、横に倒すと“傾斜センサー”が作動して『クロックマン』は寝てしまいます(強制スリープ機能)。

おしゃべりの内容はタイプごとに異なっており、全タイプ共通のおしゃべりを含めて300パターン以上。たとえば、起床アラーム時の言葉は、A型は「起きる時間でございます。起きてくださいませ~」ですが、O型は「言い訳は聞かないぞ! とにかく起きなさい!」、B型は「時間だと思うな。起きたほうが良いよ」、AB型では「夜は明けた! 皆の者! 目を覚ますのだ!」といった調子です。なんだか、気の合わない『クロックマン』を選んでしまうとイラッとしちゃいそうですよね。

自分と同じ血液型を選ぶもよし、友達や恋人の血液型を選ぶもよし。一家の人気者として、一人暮らしのパートナーとして、楽しいおしゃべりを楽しんでみてください。『クロックマン』の色とタイプは、A型(ピンク)、B型(ブルー)、O型(イエロー)、AB型(グリーン)、価格は4494円(税込み)です。
 
 

■関連記事
カウント2.9で肩を上げろ!ゴング型目覚まし時計 『ゴング!アラームクロック』
21世紀のノビ太くんへ“未来デパート”から届く『Myドラえもん』ロボット
笑う門には福来る? 笑い転げるネコのぬいぐるみ『ゴロゴロニャーゴ』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP