ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

カウント2.9で肩を上げろ!ゴング型目覚まし時計 『ゴング!アラームクロック』

gong_clock

あなたのベッドルームが“闘いのワンダーランド”に。バンプレストは、プロレスやボクシングで利用される“ゴング”をモチーフにした目覚まし時計『ゴング!アラームクロック』を12月中旬に発売します。価格は2919円(税込み)です。

プロレスバージョンとボクシングバージョンの2種類をラインアップしています。起床時刻になると「さあ、起床時間となりました」の実況と共に、レフェリーがカウントを開始。プロレスバージョンでは3カウント以内に、ボクシングバージョンでは10カウント以内に付属のハンマーでゴングを叩いて止めないと、ゴングの乱打音で負けを宣言されてしまいます。スヌーズ機能を搭載するので、負けてそのまま寝てしまっても、5分後に再度カウントを開始。完全に起きるまで試合は続行されるわけです。

プロレスバージョンの方が若干不利な気もしますが、その分燃えてくるかも。“ネバーギブアップ”の精神で毎朝臨みましょう。くれぐれも、何度も起こされる“しょっぱい試合”にならないように!

・『ゴング!アラームクロック』仕様
サイズ:W115×D135×H70mm
重量:約250g
素材:ABS樹脂(本体)、PE(ハンマー)
連続使用時間:約12ヵ月(1日1回アラーム作動の場合)

■関連記事
世界の海をクルーズできるアミューズメント時計『海洋楽園』
【日曜版】“激レア”アイテム『Pong Clock』(本物)がガジェ通にやってきた!
山手線電光掲示板ウォッチ~本物と比較してみた

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき