728×90 ビッグバナー広告_BC / Fluct

小林ゆう画伯が描いたアニメ『進撃の巨人』の難解かつ衝撃のエンドカードを漫画家が解析!

Pocket

2013.06.25 16:00 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :

聖司Twitter
アニメが絶賛放映中の『進撃の巨人』。その12話で、テレビ放映のとき最後に挿入されるイラストであるところの“エンドカード”に、サシャ・ブラウス役で出演している声優の小林ゆうさんが描いたイラストが使用され話題を呼んだ。

以前、『声優の小林ゆうさんが描いた鳩の絵が凄い』という記事でも紹介したが、声優界で“画伯”と呼ばれている小林さん。今回エンドカードに使われた『サシャと芋』と題されたイラストでは、小林さんの絵の特徴である黒い線と赤い線の織り成す摩訶不思議な世界が広がっている。

どう捉えていいのか、難解なこのイラストに漫画家の聖☆司さんが『Twitter』で

小林ゆう画伯のサシャ絵が凄すぎて、どうなってるのか考えてた

とツイートし絵をアップ(https://twitter.com/hijituka/status/348995215157239810/photo/1)。元絵から考察を加えて解析し、サシャが芋を食べている画像へとつなげていた。結果、かなりの数のリツイートやお気に入りを集め、賞賛の声が寄せられていたようだ。

当の小林ゆうさんは、

◎小林ゆうですなう。進撃の巨人さんをご覧頂いた皆様ありがとうございますなう。大変恐縮ながら12話のエンドカードを務めさせて頂きましたなう。私が演じているサシャさんとお芋を描かせて頂きましたなう。大好きなお芋に幸せいっぱいのサシャさんですなう。躍動感を中心に描かせて頂きましたなう。

とツイートしている。

※画像は『Twitter』より引用

Taka

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信でも記事を書くことになりました、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

TwitterID: getnews_Taka

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket

getnews_Kiji_Md02_rect-Big
新着記事一覧

知っている人は知っている。知らない人は知らない。片栗粉と水を「ちょうど良い割合」で混ぜると、パンチしても跳ね返す不思議な液体に変身するんです。 用意するものは、そこらへんのスーパーやコンビニで売っている片栗粉(コーンスターチでもOK...続きを読む

2014春アニメクロスレビュー『史上最強の弟子ケンイチ OVAシリーズ』 いじめられっ子の主人公白浜兼一が女性武術家風林寺美羽と出会い、信念を貫くための強さを手に入れるために、様々な武術を極めた達人が共同生活をしている道場・梁山...続きを読む

海外のインディーゲームを日本で展開することを目的とした新会社コーラス・ワールドワイド リミテッド(以下CW)が設立。ロンドンを本社にゲーム・アプリのパブリッシングとコンサルティングを業務として、海外タイトルの日本でのリリースに加え...続きを読む

今回はしんざきさんのブログ『不倒城』からご寄稿いただきました。 「食べ放題で本当に大事なたった一つのコツ」を、外食というと大体ビュッフェ形式の店に行く私が教えてやる(不倒城) 「面倒くさがらずに、必ず食べ切れる量だけをこまめにとる...続きを読む

でんぱ組.incが4月23日にリリースしたLIVE DVD「WORLD WIDE DEMPA 2014」のトレーラー映像がYouTubeに公開された。 LIVE DVDは、アルバム曲を中心とした構成となっており、オーディエンスを...続きを読む

getnews_Kiji_Ft01_Full