小林ゆう画伯が描いたアニメ『進撃の巨人』の難解かつ衝撃のエンドカードを漫画家が解析!

Pocket
LINEで送る

2013.06.25 16:00 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :

聖司Twitter
アニメが絶賛放映中の『進撃の巨人』。その12話で、テレビ放映のとき最後に挿入されるイラストであるところの“エンドカード”に、サシャ・ブラウス役で出演している声優の小林ゆうさんが描いたイラストが使用され話題を呼んだ。

以前、『声優の小林ゆうさんが描いた鳩の絵が凄い』という記事でも紹介したが、声優界で“画伯”と呼ばれている小林さん。今回エンドカードに使われた『サシャと芋』と題されたイラストでは、小林さんの絵の特徴である黒い線と赤い線の織り成す摩訶不思議な世界が広がっている。

どう捉えていいのか、難解なこのイラストに漫画家の聖☆司さんが『Twitter』で

小林ゆう画伯のサシャ絵が凄すぎて、どうなってるのか考えてた

とツイートし絵をアップ(https://twitter.com/hijituka/status/348995215157239810/photo/1)。元絵から考察を加えて解析し、サシャが芋を食べている画像へとつなげていた。結果、かなりの数のリツイートやお気に入りを集め、賞賛の声が寄せられていたようだ。

当の小林ゆうさんは、

◎小林ゆうですなう。進撃の巨人さんをご覧頂いた皆様ありがとうございますなう。大変恐縮ながら12話のエンドカードを務めさせて頂きましたなう。私が演じているサシャさんとお芋を描かせて頂きましたなう。大好きなお芋に幸せいっぱいのサシャさんですなう。躍動感を中心に描かせて頂きましたなう。

とツイートしている。

※画像は『Twitter』より引用

Taka

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

新着記事一覧

スピルバーグやアギレラ等、セレブたちを夢中にさせる、パリ・ナイトショーの最高峰<クレイジーホース・パリ>でたった80日間だけ上演し、世界を熱狂させた、クリスチャン・ルブタン演出×デイヴィッド・リンチ音楽の伝説のショー「FIRE(ファイ...続きを読む

今回はikahonokahoさんのブログ『株式、FXのまとめ解説』からご寄稿いただきました。 ※この記事は2014年07月20日に書かれたものです。 年金のアロケーション変更?(株式、FXのまとめ解説) 先週発表の主体別売買動向...続きを読む

「もしひとつだけ特殊能力が使えるとしたら?」なんて妄想は誰だって一度はしたことがあるはずですよね。空が飛べたらきっと面倒な移動も楽チンでしょう。遺伝子改良されたクモにかまれてスーパーヒーローになるのもかなり憧れます。しかし、怠惰な性格...続きを読む

同僚が休暇を取ったとき、その分あなたの仕事が増えたら「同僚のせい」と思うだろうか。それとも「経営者のせい」と思うだろうか? 7月17日にキャリコネが配信した記事「社畜はなぜ『休む同僚』を責めるのか 人手不足は『会社の責任』なのに」には、読...続きを読む

金属生命体が瞬時に“トランスフォーム”する斬新な発想と驚愕のVFXにより、全世界で歴史的大ヒットを記録し社会現象を巻き起こした映画『トランスフォーマー』。日本で誕生し30周年を迎える今夏、あのオプティマスプライムやバンブルビーが帰って...続きを読む