ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のディズニーハロウィーンは“コワ楽しい”スケルトンが大騒ぎ! 初のプログラムも登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「東京ディズニーリゾート(R)30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」を開催中の東京ディズニーシーと東京ディズニーランドでは、9月9日から10月31日までの53日間、秋の定番スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催し、季節感あふれる“ハピネス”をお届け。
東京ディズニーシーでは、ユーモアあふれるスケルトンたちと一緒に、異国情緒溢れる華やかなハロウィーンカーニバルでイベントを盛り上げます。

そして今年初登場となるスペシャルプログラム「スケルトンのストリートパーティー」の情報も! スケルトンたちがアメリカンウォーターフロントに登場し、ゲストを巻き込んでさまざまなハプニングを起こす、“コワ楽しい”ストリートパーティーです。詳細はというと、


☆スケルトンたちによるグリーティング&パフォーマンス
ウォーターフロントパークでは、生前にS.S.コロンビア号の乗組員として働いていたスケルトンたちが登場します。自分が既にスケルトンになってしまったことを忘れ、真面目に出港の準備をしているはずが、いつの間にかパントマイムになってしまったりブレークダンスを踊ってしまったりと、なかなかスムーズにはいきません。ゲストはスケルトンたちのどこかおかしな働きぶりを楽しめます。


☆スケルトンたちによるレストラングリーティング
レストラン「セイリングデイ・ブッフェ」では、スケルトンがモチーフの焼売やピラフなどが並ぶスペシャルブッフェを展開するほか、時折スケルトンたちがダイニングにやってきて、楽器を演奏しながら食事中のゲストに近づき、スケルトン語で「乾杯!」などの挨拶をして回ります。スケルトン語の「乾杯!」、どのようなものか気になりますね! そのほかにも、アメリカンウォーターフロント内のワゴンでは、スケルトンをモチーフとしたサンデーやドーナツなど、“コワ楽しい”メニューが多数登場。

☆スケルトンに扮したキャストを見つけよう!
アメリカンウォーターフロント内のフード施設やアトラクションなどでは、一部のキャストがスケルトンモチーフのマスクを身につけています。ゲストは、それぞれの場所に数人ずつしか存在しないこのキャストを探したり、一緒に写真を撮ったりなどして楽しむことが出来るので、友達と何人見つけられるか競争するのも面白そうです。

また、東京ディズニーシーのハロウィーンではおなじみとなった、カラフルで賑やかなストリートグリーティング「チップとデールのスケルトン・フィエスタ」を今年も公演。カラフルな衣装を身にまとったチップ&デールやバンド、ダンサーなどが、陽気な音楽に合わせてロストリバーデルタを練り歩き、賑やかなストリートグリーティングを繰り広げます。


メディテレーニアンハーバーでは、「ハロウィーン・デイドリーム ―スケルトンズ・サプライズ」を公演。今年はスケルトンが「レジェンド・オブ・ミシカ」の一部を“スケルトン流”に演じたり、ディズニーの仲間たちが世界中で出会ったさまざまなスケルトンが登場するなど、ディズニーの仲間たちといっしょにこの期間だけの壮大なカーニバルを繰り広げるとのこと。


ゲストも“スケルトンダンス”に参加できるそうですよ! せっかくのハロウィーン、この時期にしか現れないスケルトンたちと一緒に踊るのも素敵じゃないですか?

今年の東京ディズニーシーは、少しおどけたスケルトンたちが大活躍のハロウィーンになりそうです。もちろんハロウィーンコスチュームを着たキャストを見つけたら、「トリック・オア・トリート!」と声をかけるのも忘れずに!

※画像はすべてイメージです。

(C)Disney

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP