体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットユーザーに送る「十か条」

ネットユーザーに送る「十か条」

今回はRootportさんのブログ『デマこいてんじゃねえ!』からご寄稿いただきました。

ネットユーザーに送る「十か条」

最近、『逆説の十か条』というものを知った。数年前にネット上で大流行したらしい。が、恥ずかしながら私は知らなかった。ネットは広大だ。とてもいい言葉だと感じたので、このブログでも紹介したい。

◆逆説の十か条とは?

アメリカの行政官僚・講演家であるケント・М・キースが、ハーバード大学在学中に高校生に向けて書いた言葉。マザー・テレサの目に留まり、世界的に有名になった。

1、人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。

ネットユーザーは気まぐれで、熱しやすく冷めやすい。ダブルスタンダードなんて当たり前で、平気でウソをつくし人を裏切る。それでもネット上で言葉を発するのなら、そんなネットユーザーを私たちは愛しつづけよう。

2、なにか良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。 それでもなお、良いことをしなさい。

ネット上で「いいこと」を書いたとする。誰かを褒めたり、自分の好きな映画やマンガ、ゲームに好意的な感想を書いたとする。10分後には匿名のネットユーザーが寄ってきて「ステマ乙w」と言い放つだろう。あなたの人格を深く傷つけるような言葉で愚弄するだろう。それでもネット上を心地よい空間にしたいのなら、私たちは「いいこと」をしつづけよう。

3、成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。

ネットにおける成功とはなんだろう。アルファブロガーになって100万PVを稼ぐことだろうか。それともアフィリエイトで小銭を稼ぐことだろうか。違う。そんなものは犬にでも食わせてしまえ。ネットにおける成功とは「仲間を見つけること」これに尽きる。ただ生きているだけでは出会えなかった人たち、ネットがなければ言葉を交わす機会もなかったはずの素晴しい人たち。そういう人たちとのつながりを構築していくことこそ、ネットにおける成功だ。

なかには親切な顔をして、心の底ではあなたを「カモ」だとしか思っていない人がいるだろう。

ネット上で愛想よく振る舞うあなたのことを、誰かが全力で攻撃してくるだろう。

匿名で、しがらみのない、むき出しの悪意を向けられるだろう。

それでもなお、私たちは輝かしい仲間たちを求めつづけよう。ネットでの成功を目指しつづけよう。

4、今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

キツい言葉ほど人の目に留まり、柔らかなセリフはわずか数秒で忘れ去られてしまう。だからネット上で人気を集めようとする人たちは、みんなこぞって汚い言葉を使う。実生活では口にできないような暴言で、仮想敵を八つ裂きにする。そうすれば、かんたんに注目を集められるからだ。

ただし、汚い言葉の効力は1日だけだ。

暴言は、たしかに記憶に残る。だけど、その記憶の持続期間はあまり長くない。人に「もう一度読んでみよう」と思わせるのは、むしろ「いいこと」だ。批判的な記事は旬が過ぎると誰も読みにこなくなる。「いいこと」を書いた記事は、いつまでも細く長く読まれつづける。

だから私たちは「いい言葉」を使いつづけよう。

5、正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

みんなと違うことを言うのは、勇気がいる。みんなが批判している人は悪者に見えるし、みんなが褒めている人はヒーローに見える。私たちの評価はとかく他人の意見に引きずられがちだ。アイドルの総選挙を見て泣いた人たちのうち、一体何割が心からアイドルを愛していたのだろう。しあわせのおすそ分けは悪いことではない。私が言いたいのは、「価値観の基準を自分1人で決めるのは難しい」ということだ。

「自分は独自の視点を持っている」「自分は独特な感性を持っている」……と考えている人ほど要注意だ。あなたが独特だと思っている考え方は、じつは、そんなに独特ではないかもしれない。正直で率直な自分でいるためには、自分を信じてはいけない。人は流されやすく、騙されやすい。ウソをウソと見抜けない人にネットを使うのは難しいが、見抜く力を身につけるには、しっかりとした評価基準と価値観を育てなければいけない。正直で率直な自分でなければいけない。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。