ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドミノピザでクーポン祭キター! 1万2000円が1800円に! 店舗も大混乱!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

宅配ピザの大手チェーン『ドミノピザ』。インターネットでも注文を受け付けている『ドミノピザ』は、インターネット注文のみのクーポン等も多数発行しており、インターネット注文をするだけで5パーセント引きになるというお得なサービスもやっている。そんな『ドミノピザ』に、“最強” ともいえる信じられないクーポンが登場した。

それは、特定のピザ6商品のどれを注文しても、Mサイズが1500円、Lサイズが2500円になるというクーポンだ! たとえば、『クワトロ・プレミア』は通常価格が3950円するのだが、このクーポンを使えば2500円になるのである! ……え? 確かにお得だが “最強” とは言えないって? いやいや、“最強” なのはここからである。

なんと! どんなにトッピングを追加しても2500円なのである! 『ドミノピザ』のトッピングをすべて追加すると9,000円近い金額になるのだが、それもすべて無料になる。また、それらトッピングの価格にもインターネット注文の5パーセント割引が適用され、請求金額が2500円以下になるという魔法のような状況に! このことは『2ちゃんねる』で大炎上、いや、盛大な祭りとなっており、ほぼすべてのトッピングを追加した『クワトロ・プレミア』のLサイズを約1800円で手に入れる人たちが出現! 以下は『2ちゃんねる』の声を一部抜粋したものだ。

・山盛りで注文してみるか
・お前らまた太っちゃうの?
・店あった、注文してみようかな・・・
・今のはピザではない。ピッツァだ。
・スゲー キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
・のせればのせるほど安くなんのかwwwwwwwwww
・持ってきた後正規の値段請求されんのが面白そうだな
・おいおい・・・ピザならピザくらい自分で作れよ
・配達員から受け取りに行く服が無い
・注文した。安くなると言ってもパイナップルは嫌だ

こ、これは『ドミノピザ』のシステムエラーじゃなくてホンキの割引なのか!? 編集部は実際に『ドミノピザ』のインターネットサイトから『クワトロ・プレミア』のLサイズを注文して検証してみた! もちろんすべてのトッピングを追加し、合計金額は1万2232円。その価格に対してLサイズが2500円になるクーポンを適用。さらに5パーセントのインターネット割引が適用されるので、1888円が合計金額となった。すでに説明したように、インターネット割引は合計金額の1万2232円にかかるため、2500円よりも安い価格になっている。

本当にピザ届くかな!」と期待に胸を躍らせてピザを待つ編集部員たち。すると一本の電話が……。電話は『ドミノピザ』からだった。「もしかして、クーポンは間違いだから注文取り消し?」と思いきや、「すべてのトッピングを追加とのことですが、生焼けになってしまう部分も出てくるのですが、それでも良いでしょうか?」という注文内容に関する質問だった。取り消し電話じゃなかった! というこで、「生焼けでもいいですよ! お待ちしております!」と返答。これはかなり期待大である!

『ドミノビザ』はインターネット上でピザ調理と配達の進行状況がわかるようになっているのだが、その情報によると、さっそく編集部にピザを配達中のようだ! こっちにピサが向かっている! 「すげえ『ドミノピザ』やるじゃん!」と編集部員で歓喜しつつ、ピザを待つこと20分以上! また『ドミノピザ』から電話がかかってきた。今度は「いま計算してみたのですが、どうやら割引価格がシステムエラーのようで……。トッピング代金全額をお支払いいただくか、トッピングなしでご注文ということになります。どうしましょう?」という内容だった。……僕たちの祭りは、いま終わった。

インターネット上では配達中になっていたのに……。どうやら『ドミノピザ』のスタッフはピザを焼いている段階で会計確認をし、クーポンがエラーであることに気がついたようである。他の『ドミノピザ』店舗に電話で確認してみたところ、やはりトッピング代金は別払いとのこと。つまり、割引価格はピザ本体だけに適用され、トッピングは対象外とのことだ。しかし!『2ちゃんねる』には約1800円の超割引価格でトッピングしまくったピザを手に入れている者もおり、店舗によってエラーの対処の仕方が違うようである。

■最近の注目記事
ドミノピザでクーポン祭キター! 1万2000円が1800円に!
バーレーン戦の実況が日本語にしか聞こえない件
山崎パンがサイトから学歴差別を感じさせる画像を削除
道路にはさまったネズミの写真が世界中から大注目
たけしもビックリ!? 女性社員にコマネチ強要した上司が訴えられる!

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP