ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

B’zベスト、関ジャニ、堂本剛の新作が首位! 今週のタワレコ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

タワーレコード全店の6月10日~6月16日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. B’z 『B’z The Best XXV 1988-1998』
2. B’z 『B’z The Best XXV 1999-2012』
3. FTISLAND 『RATED-FT』
4. EXO 『XOXO』
5. パスピエ 『演出家出演』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. 関ジャニ∞ “涙の答え”
2. 東方神起 “OCEAN”
3. D☆DATE “GLORY DAYS”
4. 9nine “Evolution No.9”
5. 板野友美 “1%”
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. 堂本剛 「shamanippon -ラカチノトヒ-」
2. AKB48 「AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013 スペシャル BOX」
3. 坂本真綾 「COUNTDOWN LIVE 2012→2013 ~TOUR“ミツバチ”FINAL~」
4. Various Artists 「治外法権 -新春だょ全員集合!!2013-」
5. 10-FEET 「OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS!VI」
6位以下などの詳細はこちらから

 

アルバム・チャートでは、B’zが同時リリースしたベスト・アルバム『B’z The Best XXV 1988-1998』と『B’z The Best XXV 1999-2012』が1位&2位にランクイン!  FTISLANDの日本サード・アルバム『RATED-FT』が3位、EXO-KとEXO-Mが合体した〈EXO〉による韓国での初フル作『XOXO』が4位に入るなどK-POP勢も好調で、5位には気鋭の若手バンドであるパスピエのファースト・フル・アルバム『演出家出演』が食い込みました。

大倉忠義の主演映画「100回泣くこと」の主題歌に起用された関ジャニ∞の“涙の答え”が首位を獲得したシングル・チャート。ダンサブルなサマー・チューンに仕上がった東方神起の新曲“OCEAN”が2位、D☆DATEの“GLORY DAYS”が3位と続き、男性グループの新曲が高い人気を集めています。さらに、メンバーの川島海荷も出演するドラマ「タンクトップファイター」のオープニング曲である9nineの“Evolution No.9”と、AKB48からの卒業が発表されている板野友美の4枚目のソロ・シングル“1%”が並んでおり、上位5作品はすべて初登場のアイテムとなりました。

DVDチャートを制したのは、堂本剛が故郷の奈良に建設した会場で昨年5月から2か月間行った公演の模様が楽しめるライヴ作品「shamanippon -ラカチノトヒ-」。そして坂本真綾が昨年末に全国ツアーのファイナルとして東京・中野サンプラザで実施したカウントダウン・ライヴのステージを収めたパッケージが3位、今年1月に東京・Shibuya O-EASTで開催されたDOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioN出演のイヴェントを映像化した「治外法権 -新春だょ全員集合!!2013-」が4位と、こちらも好発進しています。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP