ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご成婚20周年に……文春「皇后にふさわしいのは“雅子妃38%””紀子妃62%”」  新潮「“雅子妃”不適格」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


先週の6月6日および本日6月13日に発売に発売された『週刊文春』と『週刊新潮』。両誌とも、ここ2週にわたって皇室の――特に雅子様に関しての記事を掲載している。6月9日に皇太子さまと雅子さまがご成婚20年を迎えるタイミングにあわせたものだと思われるが、いずれの記事も「ご成婚20年をお喜び申し上げる」といった趣旨のものではないようである。

週刊文春の6月6日発売号では、「雅子さま ご成婚20周年 小和田家vs.宮内庁 書かれざる『6大事件』」と称し、

・ご結婚前に天皇皇后に届いた父・恆氏の不穏当な発言
・新婚生活の裏側“基礎体温”で更迭された東宮侍医長
・朝日ご懐妊スクープで激しい非難を受けた宮内庁幹部
・皇太子ご夫妻軽井沢の危機 小和田家別荘から絶叫が響いた日
・「人格否定」「プレス」「キャリア」小和田家のレトリック
・オランダ親子面会は東宮職も「直前まで知らなかった」

という事件を紹介。そして「誕生会見での“感情失禁”から“異様な母子”と呼ばれるまで」、「“失われた十年”のはじまり 人格否定発言の本当の理由」という記事を載せている。極めつけは、2ページにわたって掲載されている「皇室の将来を考える1500人大アンケート」で、週刊文春のメルマガ読者1500人に「雅子さまと紀子さまのどちらが皇后にふさわしいか」というアンケートをとっている。その結果、「雅子妃38%」「紀子妃62%」であったという。そして、アンケートに答えた人の辛辣な意見が多数掲載されている。

6月13日発売号では「雅子さま“陰のスポークスマン”が語りはじめた“ご体調乱高下”の真実」という記事を掲載、これは、6月9日のご成婚20周年に関して“陰のスポークスマン”である野村一成前東宮太子がNHKのインタビューに答えていた件についてのものだ。

週刊新潮は6月6日発売号で「“雅子さま”と結ばれる日を夢見た“福田赳夫元総理”外孫の代議士」という記事を掲載している。雅子妃には皇太子さまとのご成婚の前に、越智隆雄代議士と知られざるロマンスがあったというもの。とはいえ、内容は憶測の域を出ていない。

だが、6月13日発売号に掲載されたのは「“雅子妃”不適格で“悠仁親王”即位への道」というかなり過激なタイトルの特集記事である。

・ついに「雅子妃に皇后は無理」の断を下した美智子さまの憂慮
・「皇太子即位の後の退位」で皇室典範改正を打診した宮内庁
・「秋篠宮は即位すら辞退」が頂上会談で了解された深い事情
・「悠仁さま」電車通学を提案した「秋篠宮殿下」の未来図

という小見出しで、7ページに渡って雅子妃や悠仁さまの現状、皇室典範の改正の動きなどについて書かれている。

めでたいはずの皇太子さまと雅子さまの“ご成婚20周年”であるが、両誌とも祝福とは程遠いものとなっていた次第だ。

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP