体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リクエストで上映する映画を決定! 話題のサービス「ドリパス」社長に聞く夢を追う事の素晴らしさ

エンタメ 映画
ドリパス 五十嵐さん

ユーザーからリクエストを募り、チケットが一定数売れた作品を劇場で公開するサービス「ドリパス」。シネコン拡大によりスクリーン数や公開作品数が増加する一方で、シネコン以外の一般の映画館が減少する中、映画の新たな在り方として現在注目を浴びています。

「あの作品を劇場で観たい!」というユーザーからの想いからリクエストされる為、ドリパスを使って上映されるのは基本的に旧作。しかし、今回初の新作映画として6/15(土)公開の『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』が上映されます。

『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』は、カリフォルニアに現れる世界最大級の大波「マーヴェリックス」に弱冠16歳で挑み、22歳の若さで他界した天才サーファー、ジェイ・モリアリティの実話を基にした物語。『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーを主演に迎え、サーフィンに人生をかける男達を描いています。

今回は「ドリパス」の運営会社、株式会社ブルームの代表・五十嵐壮太郎さんに、サービス立ち上げに至った経緯から、『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』の感想まで色々とお話を聞いてきました。

――まず「ドリパス」を立ち上げた経緯から教えてください。

五十嵐:元々映画館が好きでよく行っていたんですけど、ある日ふらっとシネコンに行った時に観たい作品が無くて。それで近くのシネコンに移動したら、上映しているラインナップがほとんど一緒だったんですよね。「何で映画館ってオンデマンドじゃないんだろう」とう疑問に感じたのが始まりですね。オンデマンドはビデオサービスだけじゃなくて、映画館もオンデマンドで良いじゃんと。

――五十嵐さんがユーザーとして感じたことが基になっていると。

五十嵐:そして、前職を辞めて時間に余裕があった時に、劇場関係者の方とお酒を飲む機会があって、当時業界知識全くゼロの中で「映画館で上映するプログラムを観客が決めるのが面白いのではないか」というアイデアをぶつけて、本当にやろうという話になって、帳尻あわせで会社を作って……みたいなスタートでしたね。

――そこまで映画館を愛する理由、五十嵐さんと映画館の原体験はどんなものなのでしょうか。

五十嵐:今でも鮮明に覚えています。僕は小学生の時にパリに住んでいて、現地校に通っていました。日本人が周りに全然いなくて、黄色人種だっていうことで文化の壁を強く感じる経験をしました。そんな中で仲良くなるきっかけをくれたのが漫画やアニメで。『週刊少年ジャンプ』がとても人気があったんです。

そして小学2年生の時に『AKIRA』がパリの劇場で上映されて、親に連れていってもらったのですが、上映後スタンディングオベーションだったんですよ。普段は日本人だという事で虐げられていたからこそ、その光景が本当に誇らしくて、自然と涙がこぼれていたのを今でも覚えています。映画に助けられたから、だから映画に恩返しする仕事がしたいし、特に大勢で感動を共有出来る映画館が好きなんです。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会