ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acer、5.7インチ・クアッドコアCPUを搭載した大画面スマートフォン「Liquid S1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Acerは6月3日、Computex Taipei 2013に向けて新型Androidスマートフォン「Liquai S1」を発表しました。Liquid S1は、5.7インチ1,280×720ピクセルのディスプレイと1.5GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載した大画面スマートフォン。Acer初の”Phablet”製品で、スペック的にも上位モデルとなります。Liquid S1にはシングルSIM版とデュアルSIM版の2種類が存在し、2013年Q3中にフランス、ベルギー、オランダ、ウクライナ、ロシア、英国、ドイツで発売。その後、スペインとイタリアでも発売される予定です。価格は€349~。発売国は主に欧州ですね。Liquid S1はAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載して発売されます。機能面では、画面上にオーバーレイ表示するアプリランチャーを備えた”Float UI”、着信やSMSの受信をディスプレイ上にポップアップで通知し、動画の視聴やアプリの利用を中断することなく対応できる”Float Caller”、オーディオのステレオ再生が可能なデュアルスピーカーやDTSのサラウンド機能、Liquid S1ユーザー同士で写真や動画などのコンテンツをリアルタイムで共有できる”Live Screen”を搭載するなど充実しています。フルスペックはまだ公開されていません。Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia acro HD IS12SがBluetooth SIGの認証を再取得、Android 4.1.2にアップデート予定か?
6秒間のループ動画を共有できる「Vine」のAndroid版がリリース
スクエニ、Android版「ファイナルファンタジーIV」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。