ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年06月03日~06月09日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年06月03日~06月09日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:天秤座

あなたの意思に関係なく状況に変化が訪れようとしているときです。周囲の反応などに目を光らせて臨機応変に立ちまわれるよう準備をしておきましょう。悪い予感ほどよく当たるときなのでその心づもりをしておくと良いかもしれません。感情的になるのは禁物です。

第2位:射手座

美的センスが磨かれるときです。美術館や絵画展あるいは映画など美的感覚に刺激を与えてくれる場所に積極的に出掛けて吉。また金銭運も好調。思わぬ臨時収入が得られるかもしれません。ただし不真面目な態度はあなたの評価を下げることになりかねないので注意を。

第3位:魚座

やる気がみなぎってくる週となりそうです。しかし体がついていかないかもしれません。オーバーワークにならないようペース配分に気をつけて。また好きでやり始めたことならば見返りを求めるのは諦めましょう。初心を忘れないことがストレスをためない鍵となりそう。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/352355 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
人との和や輪を大切にすることが今週の幸運の鍵となるでしょう。つまらない諍いは避け心穏やかに過ごすことを心がけてください。あなたの笑顔が周囲を明るくするきっかけとなるはずです。また物事を一元的に見るのではなくさまざまな意見に耳を傾けることが肝要。

第5位:獅子座
過ぎたことにいつまでもこだわるのではなく前を向いて建設的に考えることが成功の鍵となるでしょう。また都度自分を振り返る時間を持つことによってより多くのことを学び取ることができそうです。やりたいことがあれば率先して行動するあなたに人はついてきます。

第6位:双子座
現実的なものの見方が功を奏するときです。遠い未来のことよりもまずは近い将来の足固めからしっかりすることを意識して。また免れない面倒事を引き受けるはめになるかもしれません。しかし自分の力で乗り越えようとすることで大きな成長が得られるチャンスです。

第7位:乙女座
何かと誘惑の多い週となりそうです。しかしその誘惑に乗る前にやるべきことをきちんと終わらせておかないと後で苦労することになりかねません。仕事運は吉。特に同期入社など年齢の近い人との交流に思わぬツキが。裏側を穿ったりしないことが幸運につながります。

第8位:水瓶座
一見がっかりするようなことでも別の見方をすればあなたにとって有益になりえるかもしれません。結論を急がず慎重に見極めたほうが良いでしょう。家族など身近な人との間で感情の行き違いがありそうですが売り言葉に買い言葉は禁物。また新たな人脈が広がるかも。

第9位:蟹座
好奇心が良い方向に働くときです。興味を持ったことには積極的に関わりチャレンジしていきましょう。ただし金銭運は不調。何かと出費が重なる週となるかもしれません。節約できるところで調整するよう気をつけて。また親しい仲であっても礼節を忘れないことが大事。

第10位:牡牛座
体面や見せかけにばかりこだわっていると本当に大切なものを見失ってしまいかねません。本質を見極るためにも話し合いは面倒くさがらないこと。見栄や意地で嘘をついたり誤魔化したりするのは事態を悪化させることにつながりかねません。地に足をつけて考えて。

第11位:蠍座
意見が分かれた際周囲に味方してくれる人がおらず孤立してしまうかもしれません。自分の意見をごり押ししようとするのではなく妥協点を見つけることが肝要。また感情論で訴えても解決のめどは立ちそうにありません。時間をかけて根気強く取り組むようにしましょう。

第12位:山羊座
運気は低調気味に。不安要素が解消されない状況がしばらく続きストレスが溜まってしまいそう。適度に発散するように心がけて。また手抜きや誤魔化しは露見してマイナス評価につながりかねません。健康運にかげりが見えます。不調を感じたら早めに対処しましょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP