ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっと良心的な会社が出現・・・「原油はなくならない」(中部大学教授 武田邦彦)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

やっと良心的な会社が出現・・・「原油はなくならない」(中部大学教授 武田邦彦)
今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。

やっと良心的な会社が出現・・・「原油はなくならない」(中部大学教授 武田邦彦)

良心的な資源関係会社がズバリ「原油はなくならない」というタイトルの記事を出した。その一つの根拠として上の図を掲げている。

赤い線が「あと何年、石油があるか」というもので、右の軸に年数が示してある。かつて日本人がマスコミの報道でビックリした「30年から40年で石油がなくなる」と言ったのが、今から40年前である。

40年を経った今、石油の寿命はむしろ延びて50年になっている。

なぜ、このようになるのだろうか。その理由は、

1)公表される「寿命」は生物学的な意味で(無くなる)の寿命ではない。
2)その時の技術・意思でビジネス上、採掘しているものだけ。
3)新しく発見される油田は含まれていない。
4)発見されても「そこにあるらしい」というだけでは計算に入らない。
5)これらすべてはマスコミも分かっていたが、騒ぎが大きい方が新聞が売れるので、ウソを承知で報道した。
6)資源会社は資源が多いことが分かると値段が下がるから、わざわざマスコミのウソを訂正しなかった。

ということだ.私たちは何のためにNHKに受信料を払い、新聞の購読料を払っているのだろうか? もちろん資源エネ庁も「石油がない」という方が利権が大きくなるから否定しなかった。

国民主権なのだから、国民に専門的にみて間違いのないデータを提供する日本にして欲しい。誠実な日本に。

執筆: この記事は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年05月27日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。