ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Google検索アプリが日本語での読み上げや音声操作に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google検索アプリのAndroid版がいつの間にか日本語での読み上げや音声操作に対応していました。Google検索アプリには、ナレッジグラフが表示されるような検索結果は音声で読み上げてくれたり、電話発信やアプリの起動といった特定の操作を音声で行うことができますが、これまで日本語には対応していませんでした。しかし、最近になって利用してみると使えるようになっていました。これらの機能はGoogle検索アプリのマイクアイコンをタップすることで利用できます。人名や固有名詞などの読み上げ。Wikipediaの情報を抜粋して読み上げてくれます。天気。映画検索。「映画」と話すと現在地周辺の映画情報を音声で読み上げてくれたり、「地名 映画タイトル」と話すとその映画が放映されている映画館情報を読み上げてくれたりします。為替レート。音声操作では、フレーズの組み合わせでAndroidの機能を呼び出すことができます。メモの作成。「○○とメモ」と話すと、○○の部分がGmailやGogole Keep等のメモ・メールアプリの本文にすることができます。アプリの起動。「○○を起動」と話すと、○○というアプリが起動します。電話発信。「○○に電話をかける」と話すと、電話帳から名前を調べて電話を掛けることができます。SMSの送信。「○○と山田にメッセージを送る」と話すと、○○を本文にしたSMSが作成されます。経路検索。「経路 ○○」や「○○までの道のりを教えて」と話すと、現在位置から○○までのGogoleマップにおける経路検索が実行されます。カレンダーの予定作成。「予定 ○○時 ××」と話すと、○○時に××という名前の予定が作成されます。アラーム作成。「アラーム ○○時」と話すと、○○時にアラームが鳴るように設定されます。Source : Gogole



(juggly.cn)記事関連リンク
米Hisense、$99からの低価格7インチタブレット「Sero 7」をWalmart限定で発売
NTTドコモ、「MEDIAS W N-05E」のソフトウェアアップデートを開始、タッチパネルの誤動作を改善
Galaxy S 4 GT-I9505(Snapdragon 600版)開封の儀、Exynos 5 Octa搭載のGT-I9500との性能比較も実施(更新)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。