体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「水」は「髪にとって悪いモノ」じゃない!? 毛髪の専門家に直接聞いた

ヘアケア

男女問わず、そしていつの時代も気にされる「髪」のケア。いやあ、やっぱり髪は健康な方がいいし、抜けたり切れたりせず美しいままで保持したいのは当たり前ですよね。

昔とは違い、情報が整備されたとされる現在でも、正しい情報ばかりではないのはご承知の通り。誰が言ったか「ウソをウソと見抜けないと」というのはインターネットの話だけではなくなってきました。

今回、毛髪の専門家である井上哲夫さん(国際毛髪科学研究会会長)にヘアケアについてお話を伺いました。この記事を通して「本当に正しい髪の手入れ」を読者の皆さんと共有していきたいと思います。

髪にとって“悪い”モノってどんなもの

そもそも、一般的に言われる「髪にとって悪いモノ」とはどんなものがあるでしょうか。筆者の主観ですが、最近良く聞かれるのは「髪の脂がいけない!」とか「髪の栄養素(?)が不十分」とか。新しいところでは「水が髪のダメージ原因になっている」!? なんてものまで聞かれます。

他にもよく聞くフレーズでは「乾燥」や「ドライヤーの熱」なんていうのもありますね。いずれも、テレビのCMを中心に聞く情報ばかりですが、果たして正しいのはどれなんでしょう……?

「水が髪のダメージ原因」はウソ?

筆者が思いついた「髪のダメージ原因」でも、前述のように様々なものがあります。専門家である井上哲夫さんはどうお考えなのか、聞いてみました。

井上先生

井上哲夫さん(以下、井上先生)

「水の中の銅などの金属成分が髪にダメージを与えうるのか」というと、疑問は多いです。インパクトはありますし、髪に与える影響はゼロではありません。しかし、髪のダメージの主要因である、という言い方をするのはいささか心配が残ります。

通常の水道水に含まれる成分は
ナトリウムが200ppm
塩素が200ppm
マグネシウム・カルシウムが300ppm以下

が基準値になっています。

対して、銅(Cu)は1ppm以下、鉄分(Fe)は0.3ppm以下と規定されています。こうした量の――例えば銅(Cu)だけが他の金属と比べて髪へのダメージが大きいかというと、そういった違いを見分けるのは難しいです。

ちなみに水の中に含まれる金属物質というのは、金属イオンとして安定な状態であるのはまれで、大体は酸化物として存在することがほとんどです。

こうした物質が髪に付着することにより、髪の感触が悪くなるというのは事実としてあります。ただしこれは銅に限った話ではなく、カルシウムやマグネシウムでも同様の現象が見られます。他の金属と比べて特異的に銅だけがクローズアップされるのは不自然ですね。

ちなみに、これはミネラルなどが多く含まれるヨーロッパなどの水(硬水)でも見られる現象です。

他の“髪のダメージ原因”もそうですが、流行によって提唱されるものが多いですね。「水の中の金属成分」が毛髪に直接的なダメージを与えるという化粧品工業会や化粧品学会での発表や論文は見つけられなかったので、“話題作り”という側面が大きいかもしれません。

本来は皮膚科学、毛髪科学に即した考え方をすべきですので、こうした“流行”は必要ないです。

では本当の髪のダメージ原因は何?

ガジェ通:
それでは、本当に髪のダメージ原因となりうるモノってなんなのでしょうか。

井上先生:
多くの方が実感される原因としてあげられるのはやはり“パーマ”と“ヘアカラー”ですね。非常に髪を傷める要素の代表になるかと思います。初めてパーマをかけた方が次の日にくし通りが悪くなることは経験されていると思います。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。