ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップル製品をオンライン注文時の「ADSC支店」って何? その謎に迫る!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


元の記事:http://getnews.jp/archives/335911

先日某アップル製品を注文したのね。注文した場所はオンラインのAppleStore。そのアップル製品がカスタムされたもので「3営業日かかります」と書かれていた。注文したのが、5月2日の深夜2時頃だったから実質の注文は3日付けになるのだろうか。

で、その製品は未だに届かず、先にDVI出力ケーブルだけが届いちゃったわけ。運送屋は伝票番号で追跡できるサービスを行っているので、現在どこにいるのか確認してみることにする。

クロネコヤマトの追跡サービスで確認してみると、「上海支店(中国)」と表示。どうやら海外からの発送らしい。こりゃ時間かかるはずだわ。ずっと上海支店のままとどまっていたのだが、昨日(5月7日)の夜になりようやく追跡サービスに変化が現れた。その場所が「ADSC支店」というもの。どこ? 日本なのか海外なのかすら不明なこの表記。詳しく調べてみることにする。

調べてみるとADSC支店は国内だと言うことが判明。どうやら国内まで到着しているようだ。そしてこの謎の支店は「Apple Delivery Support Center」の略だとか。

国内AppleStoreで購入したものは中には海外からの発送される物があり、そういった商品は一度ADSC支店に集められそこから再出荷するのである。ちなみに場所は有明ね。あの倉庫だらけの有明。つまり私が2日に注文した商品は今日ADSC支店から出荷され近々届けられるのである。

中国が『AppleStore』をコピー! 内装までそっくりすぎで間違える自信あるわ

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP