ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GLAY、亀田誠治との初タッグ曲含むトリプルA面シングル7月リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

 

昨日5月6日に、さいたまスーパーアリーナで全国ツアー〈GLAY ARENA TOUR 2013 “JUSTICE & GUILTY”〉のファイナル公演を行ったGLAY。彼らがニュー・シングル『DARK RIVER/Eternally/時計』を7月24日にリリースする。

 

 

表題3曲のうち、“DARK RIVER”はNHK総合で6月25日にスタートするドラマ「激流~私を憶えていますか?~」の主題歌、“時計”は同ドラマの挿入歌に決定。前者はGLAYと初タッグとなる亀田誠治がプロデュースを担当したミドル・ロック・チューンで、後者は繊細かつ力強いメロディーが印象的なナンバーとのこと。田中麗奈、国仲涼子、ともさかりえ、桐谷健太、山本耕史がメイン・キャストを務める〈激流〉に華を添えるこの2曲について、TAKUROは下記のようなコメントを寄せている。

 

 

また、“Eternally”はバンドが7月27日(土)と28日(日)に故郷の北海道・函館で行うライヴ・イヴェント〈GLAY SPECIAL LIVE 2013 in HAKODATE「GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT VOL.1」〉のテーマ・ソング。計25万人を動員した前述のツアーのエンドロールにも使用されていたバラードだ。シングルはDVD付きとCDのみの2タイプで登場し、DVDには“DARK RIVER”と“Eternally”のPVなどが収録される予定。ファンは到着を楽しみに待とう!

 

TAKURO(GLAY) コメント

今回は、「激流~私を憶えていますか?~」の主題歌、挿入歌を担当させていただきまして光栄です。主題歌“DARK RIVER”は、長い時間を経ての人間模様を描くという事なので、大きな深い川をテーマに人生を表してみました。実際に見たアフリカの大地に流れる川、訪れた事はないのですがインドのガンジス川を頭の中に思い描きながら詞の世界を作り上げました。
挿入歌“時計”は、なるべくシンプルなメロディ、そして10代が持っている希望、現実への苛立ちなどの複雑な胸中を描くことに苦労しました。 時計の針に人間関係を見立て、離れている時期、楽しく過ごせる時期など人生の一時を過ごした仲間たちは心の中にずっと刻まれるものだなぁという想いで書きました。どういった形で、ドラマとGLAYのサウンドが重ね合うのか今から楽しみにしております。

 

〈GLAY 『DARK RIVER/Eternally/時計』収録内容〉
【CD】
1. DARK RIVER
2. Eternally
3. 時計

【DVD】
・“DARK RIVER” MUSIC VIDEO
・“Eternally” MUSIC VIDEO
ほか

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。