体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『グランド・マスター』ウォン・カーウァイ監督インタビュー「なぜ今カンフーなのか?」

グランドマスター

日本にも熱狂的なファンが多いウォン・カーウァイ監督の最新作『グランド・マスター』が5月31日に公開となります。本作は、伝説のアクションスター、ブルース・リーが生涯ただ1人、正式に教えを受けた師匠イップ・マンの知られざる物語を描き、トニー・レオン、チャン・ツィイーなど豪華キャストが集結した話題作。

なぜ今、イップ・マンなのか。構想17年をかけて挑んだ物語で見出したものとは? ウォン・カーウァイ監督への電話インタビューが実現! 「トニー・レオンが撮影中に骨折」という衝撃なエピソードなど貴重なお話を聞いてきました。

グランドマスター

――まず最初に、イップ・マンの物語を描こうとしたきっかけを教えてください。

ウォン・カーウァイ:最初に彼に興味を持ったのは、もちろんブルース・リーの師匠だったからなのですが、色々と調べているうちに、彼は1930年代の中国、中華民国、そして香港で生きていた人物で、まさに中国の近代史の縮図だと思いました。最初は1人の武術家の物語を書こうとしていたのが、次第に武術に関わる者の精神を表現したく思い、制作に非常に時間がかかったわけです。

――プロット、撮影方法、編集など、具体的にどんな部分に一番時間がかかったのでしょうか。

ウォン・カーウァイ:この作品は中華民国や中国の東北地方や、様々な場所で撮影をしたので、かなり大規模な撮影クルーになりました。ですから移動時間だけでも相当かかっています。

――その甲斐があって、どうやって撮ったのか想像が出来ないほど美しい映像の連続でした。

ウォン・カーウァイ:今までのカンフー映画や中国映画に無い作品を撮りたかったので、まず色々な流派の武術家に話を聞く所からはじめました。「カンフーという物は本当にすごいのか」そんな根本的な事から考え、人と会ったり話を聞く時間に3年ほどかけています。

ある師匠が、弟子達を集めて早朝から武術に励む姿を見て「何でここまで出来るのだろう」と思ったのですが、それは武術が好きだと言うことに尽きると思うんですね。武術とは生きる事、死ぬ事。そこには想い、恨み、様々な精神が詰まっていると。

――バトルシーンも凄まじい迫力でした。

ウォン・カーウァイ:バトルシーンでも、色々な流派のリアルさを追求しています。スタントマンを一切使わず、俳優達が実際に演じています。

――相当なトレーニングを積んだそうですね。

ウォン・カーウァイ:皆さん2、3年トレーニングをしています。最も時間を費やしたのはチャン・ツィイーと兄弟子とのバトルシーンなのですが、東北地方の駅で、夜のマイナス30℃の極寒中、2ヶ月ほどかけて撮影をしました。チャン・ツィイーにはとても感謝しています。

グランドマスター

――イップ・マン役へのトニー・レオンの起用は、監督の中ではすぐに決まったのでしょうか?

ウォン・カーウァイ:トニー・レオンに演じてもらう事は一番最初から考えていました。彼は中国人の男性の魅力を一番に出す事が出来る人物だし、この作品に出てくる男性達は、そんなにハンサムじゃなくても非常に魅力的です。

――役作りにはどの様なアドバイスやオーダーをしたのですか?

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。