ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Zの世界販売台数が発売後40日で460万台に達したとの予測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの今年のフラッグシップモデル「Xperia Z」の世界販売台数が発売開始後40日ほどで460万台に達したとの情報が香港のAndroid系サイトで伝えられています。この情報はアナリストの予測として紹介されているもので、発表された数字ではありません。発売から40日間(日本での発売分も含まれていると思います)で460万台という出荷台数は、Sony Mobileの四半期ベースの出荷台数が1,000万台弱であることや、スマートフォン市場で規模の大きい米国のキャリアより販売されていなかったことを考えると、大ヒットと言えるのではないでしょうか。、この情報が正確なものであれば、5月9日に予定されている2012年度第4四半期の決算説明会で公表される見込みのXperia スマートフォンの出荷台数は前年同期比で大幅に増加していると思います。Source : HK Android



(juggly.cn)記事関連リンク
Acerが次世代ICONIA B1を6月に、エントリーレベルの10.1インチタブレットを今年8月に発売するとの報道
香港で発売されるXperia SP(C5303)が世界のどの国のLTEを利用可能なのかを世界地図で示した画像
HTCが2画面スライド型スマートフォンの特許を米国で取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP