ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコな発想から生まれた強力ダイエットサプリ! 「フコキサンチン」を試してみよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ダイエットに関するサプリメントは星の数ほど出回っている。DHCやファンケルなどの大手サプリメントメーカーが発売しているフォースコリーやカロリミットといったメジャー商品から、インターネットでひっそりと発売している怪しげな商品まで枚挙にいとまがない。膨大な数のダイエットサプリを前にしてどの商品を選ぶべきか迷っているサプリメントユーザーも多いだろう。ここでは、悩めるサプリユーザーにおすすめのエコな発想から生まれたダイエットサプリである「フコキサンチン」を紹介していきたい。

「これ、何かに再利用できない?」から発見されたダイエット成分

フコキサンチンはコンブやワカメなどの藻に含まれるカロテノイドの1種である。元々は間引きしたコンブを「何かにつかえないか?」ということから研究が始まっている。そして、間引きしたコンブを研究したところ、コンブに含まれるフコキサンチンには脂肪の燃焼効果と脂肪の蓄積を予防する効果があることが判明した。

白色脂肪細胞を減少させるフコキサンチン

脂肪には2つの種類がある。1つは脂肪をためるタンクのような働きをする白色脂肪細胞。もう1つは脂肪を分解してエネルギーを生み出す脂肪である褐色脂肪細胞である。ダイエットには脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞を活性化させることが有効という説もあるが、褐色脂肪細胞は絶対数が少ないので、白色脂肪細胞を減少させるのがダイエットには1番ストレートであると考えられている。そして、2005年に弘前大学の前田助教らが行ったマウスを用いた実験によると、フコキサンチンを摂取することにより、脂肪を溜め込んでしまう白色脂肪細胞が減少したと報告されている。

脂肪の蓄積も防ぐフコキサンチン

2006年にやはり、弘前大学の前田助教らが行った別の実験では、フコキサンチンの投与により脂肪の蓄積を制御するという実験結果が報告されている。

フコキサンチンは原材料に対しての成分含有量がとても少なく、原料1キロから数10mg程度しか取れないので食事から必要摂取量をとるのは不可能といわれている。この点からも必要量を摂りたいのであればサプリメントを利用するのが確実だろう。体型が気になりだした人や本格的にダイエットを始めようと考えている人は、日本人になじみ深い海藻類から生まれたフコキサンチンのサプリを1度試してみるのはどうだろうか?

写真素材 足成より引用

http://www.ashinari.com/2009/07/21-024564.php

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「浅川 クラゲ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP