ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ATOK for Android」がv1.5.6にアップデート、タブレット設定OFFでもキーボードの横幅調節が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャストシステムは4月16日、Android向け日本語入力アプリ「ATOK for Android」のアップデート版v1.5.6をリリースしました。今回のアップデートで、タブレット設定がOFFの場合でもキーボードの横幅を調節できるようになりました。5インチクラスの大画面スマートフォンや7インチタブレットでキーボードを片寄したいという場合でも、タブレット設定をONにしなくて済みます。横幅の調節方法は、ATOK設定で高さ調節バーを有効にして表示し、バーの端を左右にドラッグするだけです。変換候補はキーボードの横幅に沿って表示されるようになります。また、テンキー利用時に数字キーを表示するかどうかのチェックボックスがオプションメニューに変わり、切替えを「ひらがな+英字+数字」、「ひらなが+英字」、「ひらがな+英字」から選べるようになりました。このほか、SO-02Eでジェスチャーガイドが表示されない事象、キープレビューが表示されたままになる事象にも対処したそうです。「ATOK for Android」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、Smart TV BOX向けアプリの拡充を発表、au Smart Sports FitnessやSmart TV コントローラーが利用可能に、YouTubeアプリのアップデートも予定
2013年2月の国内スマートフォン出荷台数は約136万台、2か月ぶりにプラス成長(JEITA調査)
Samsungのハイエンドタブレット「GT-P82XX”Roma”」の主要スペック情報が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。