ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9.7インチRetinaディスプレイとExynos 5250プロセッサを搭載したAndroidタブレットを中国メーカーがHKTDCで披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在香港で開催中のHong Kong Electronics Fair 2013(HKTDC)で、Exynos 5250プロセッサを搭載した中華タブレットが展示されているそうです。BEAN Technologyが公開した「X1」は、9.7インチ2,048×1,536の液晶ディスプレイを搭載したiPad Retinaモデル風のAndroidタブレットで、これには、2GHz駆動のExynos 5250プロセッサが搭載されています。Exynos 5250はCortex-A15ベースのデュアルコアCPUとMali-T604 GPUを内蔵したSoCで、Samsung製造のNexus 10やChromebookに採用されていますが、他社メーカー製品で登場するのはおそらく初になるかと思います。量産が今月中に開始されるということなので近く発売されると思われます。他のスペックは、2GB DDR3 RAM、32GB/64GBストレージ、背面に800万画素カメラと前面に200万画素カメラ、8,000mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi、Bluetooth、GPS、3G通信機能にも対応するそうです。Source : ARMDevices



(juggly.cn)記事関連リンク
So-net、LTE対応のモバイル通信サービス「NURO LTE」を提供開始
上海問屋でMini USB/Micro USB/Lightningコネクタをまとめた3-in-1の巻き取り式USBケーブル「DN-84635」が発売
Android向けカメラアプリ「Camera JB+」がv2.0にアップデート、アプリアイコンとカメラインタフェースがAndroid 4.2版に刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP