ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPS騒動の森口尚史氏インタビュー中にブチ切れ!ギャラの未払いや不法侵入など――全てはブロマガで本音を語る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


その日、森口尚史氏は怒りに震えていた。

iPS騒動で話題となった渦中の人こと森口氏が自身のちゃんねる放送で第一回目のニコニコ生放送が行われ私もスタジオで見学させてもらったのだが正直コメントが荒れていた。
そのコメントのほとんどが煽りの悪口や中傷であったが、森口氏は全く気に留める様子もなく番組は淡々と進行しあっという間に一時間が経過した。
放送終了後に一息ついてようやく笑顔を見せた森口尚史氏に本音と今後行うブロマガについて単独ロングインタビューをしてきた。

ギャラの未払問題

記者「先生、生放送お疲れ様です。まずはいきなりですが大学をクビになってから何をされてたんですか?

森口氏「皆さんから聞かれることなんですけど、芸能人にはなってません。

記者「あれ?Wikipediaには(芸能人に)なったと書いてありましたよ。」

森口氏「なってませんし、とんでもない誤報ですよ。放送中にはいいませんでしたけど仕事というかバイトした所ではまだギャラがまだ払われておりません
それが○○新聞とタッグを組んでイベントを行った時です。」

記者「とんでもないことですね。」

森口氏合計数十万がまだ未払いなんですよ。○○新聞ははっきり言って犯罪に加担してるんですよ。」

無断で不法侵入され記事にされた過去

記者「先生、そうするとマスコミとかで違うこと色々と書かれましたけど怒ってないんですか?」

森口氏「いや、色々怒ることあるし…私が一番怒るというか、面白いと思ったのは全く身に覚えのない人間がカメラや雑誌に出てきて私の恩師とか30年前の親友と名乗る人物がカメラの前に出て私のことをボロクソに言うんですよ。
親友と名乗る人間私の事をあんなにボロクソ言うなんて考えられますか?ありえんでしょ?いちいちやってるとキリがないので法的などを含めてやっていきたいです」

記者「他にはどんなことが?」

森口氏「それから週刊誌某フリーライターが私の部屋に不法侵入したんですよ。

記者「ちょと待ってください、フリーライターが先生の部屋にいきなり不法侵入したんですか?」

森口氏「2012年12月のころですかね、私がコインランドリーに洗濯物を取りに行ってる3分前くらいに不法侵入して、それを記事にしてるんですよ。その記事を見てビックリしましたよ。(中略)
で、そういうことがあって不法侵入され部屋の鍵を壊されてしまいました。不法侵入したことを記事にするなんてすごいことですよ

記者「今後先生はどうしていきたいんですか?」

森口氏「マスコミに変な報道されて逐一対応してったらキリがないんでやはり次に自分のステップのことを考えますんでね、要は研究を中途半端にしてるのがあるのでそういうのは蔑ろにできないのでそういうことをきちんとやり遂げたいです。
本当に反省していただきたい、その手のマスメディアは」

タレント転身は嘘だった

記者「じゃあ、ニュース記事で見た先生が『DJ iPS』という名前でタレントになったというのは?」

森口氏「いやいや、あれは余興ですから。あの時マスメディアは一切シャットアウトしたんですよ。あれは忘年会の余興ですよ。だからタレントにはなってません

今後のブロマガのこと

記者「先生今後ブロマガをしていくということですが、一体どんなブロマガになっていくんでしょうか?」

森口氏ブロマガの中では自分の経験があります。研究であったり教育であったり、その事の現場の空気をちゃんと伝えていくようなブロマガであればいいと思います。自分が大事と思ってるのが新聞社だけでは伝わらないことがあって、ここをなんでカットするの!というのがあってそこの大事なとこを伝えていきたい。具体的には新聞報道された論文とか学会報告などネタにしながら不足してるところを指摘していきたいです。」

森口氏はこんな覆面で武装した私を相手でもとても優しく誠意を持って対応してくれた。そして思ったことをはっきりと言葉にして出す、そんな素直で真っ直ぐな大人であった。

最初のマスコミ報道によって「嘘つきな大人」という先入観があったのだが実際はそうではなく感情を包み隠さず喋ってくれる。
そういう憎めない正直者なのだ。他の大人のように表面上だけは良い顔をして他では人の悪口を考えてるような悪人ではない。人間的にも女性スタッフに「かわいいね」とかいっちゃうような素直で正直なオヤジ気質をもった人なのだ。

そんなオヤジ的な存在で喋りだしたら止まらなくて聞き入ってしまうような居酒屋にいる気前の良いオヤジである。ユーモアのセンスも抜群で冗談を冗談とわかってくれる柔らかい思考も持ち合わせているそれだけで聴いてて面白かった。

捏造報道や面白おかしく報道できればそれでいいというマスメディアへ怒り、そしてブロマガに対に面白くしてみせると熱いやる気を感じさせるインタビューであった。今後のブログに期待しよう。

関連リンク

森口尚史のブロマガ「医学報道の光と闇」:森口尚史が斬る!医学のHypeを暴き出せ!!
http://ch.nicovideo.jp/hisashi-moriguchi/blomaga

横山緑の記事一覧をみる ▶

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP