ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国AinolのAndroidタブレット2013年モデル「Novo7 Rainbow」「Novo7 EOS」「Novo8 TALOS」の製品情報が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のタブレットメーカー Ainolが「Novo7 Rainbow」「Novo7 EOS」「Novo8 TALOS」と呼ばれる3機種のAndroidタブレットを開発しているようです。その製品画像が海外サイトで公開されました。RainbowとEOSは7インチタブレットで、TALOSは8インチタブレット。EOSとTALOSはWi-Fi通信に加えてBluetoothや3G通信にも対応した製品となっています。Rainbowは7インチ800×480ピクセルの液晶とAllwinner製A13 1.2GHzシングルコアプロセッサを搭載。RAM容量は1GB、ROM容量は4GB、Micro SDカードスロットも備えます。カメラは前面に30万画素のみ。バッテリー容量は2,200mAhとなっています。エントリーレベルの機種のようです。OSはAndroid 4.0(ICS)が採用されているそうです。EOSは7インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶とNuSmart NS115と呼ばれるCortex-A9ベースの1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載。GPUはMali-400とされています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットやHDMI出力端子もあります。通信機能はWi-Fi b/g/nに加えてBluetooth v4.0、3G(通信方式や対欧周波数などの詳細は不明)。バッテリー容量は4,400mAh。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)。従来の7インチタブレットの中では、結構スペックはけっこう高いようです。最後のTALOSはアスペクト比4;3の8インチ1,024×768ピクセルとMediaTek MTK6589 1.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載した機種。8インチタブレットの中では上位に位置づけられると思います。こちらもBluetoothや3通信にも対応しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットやHDMI出力端子もあります。カメラは背面に200万画素と前面に30万画素。バッテリー容量は5,000mAh。Source : NoteboolItalia



(juggly.cn)記事関連リンク
シャープやパナソニックなどがスマートフォン向けに超薄型の6インチパネルを開発しているとの報道
コヴィア、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「FleaPhone CP-D02」を4月12日に発売、価格は19,800円
NTTコミュニケーションズ、月額980円のLTE対応データ通信サービス「OCNモバイル エントリー d LTE 980」を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP