ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが開発していると噂の新メッセージサービスの名前は”Babbel”ではなく”Babel”らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2週間ほど前に噂として伝えられていたGoogleの新サービス”Babbel”に関する新たな情報をDroid Lifeが伝えています。”Babbel”は、Googleトーク、ハングアウト、Google Voice、Googleドライブのチャット機能といった様々なメッセージ系サービス・機能を1つのサービスにしたものとされていました。同ブログによると、名前は”Babbel”ではなく”Babel”で、Android、iOS、Chrome、Google+、Gmail間でシームレスなチャット体験の実現を目指したものだという。この5種類のプラットフォーム以外の製品も取り込まれるのかどうかについて同ブログの情報元は言及しなかったそうです。Babel/Babbelの機能に関する情報も公開されていました。それによると、 会話型の新UIを採用 どこからでも同じ会話のリストにアクセス可能 高度なグループチャット 画像の捜査員機能を搭載 改善されたデバイス間の通知この情報を目にすると、クロスプラットフォーム対応のグループチャットサービスという前回の噂からイメージできた内容と一致する印象を受けます。GoogleはコミュニケーションサービスとしてGoogle+という主力製品を持っているので、それを主軸にしたものになると予想されます。Source : Droid Life



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungの8インチ1,920×1,200ピクセルのAMOLEDディスプレイを搭載したタブレットがIFA 2013で発表されるとの噂
Amazon公式ショッピングアプリのタブレット版が日本でもダウンロード可能に
ドラゴンボールのアクション格闘ゲーム「ドラゴンボールタップバトル」がGoogle Playストアで配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP