体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京ゲームショウ】インディーズゲームが集結した『センス・オブ・ワンダー ナイト』第2回が開催

sown09_1

『東京ゲームショウ2009』2日目の9月25日に、コンピュータエンターテインメント協会と日経BPの共催イベント『センス・オブ・ワンダー ナイト』が開催されました。こちらは今年で2回目の開催となるもので、「“見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすようなゲーム」(公式サイトより引用)を紹介しています。ゲームショウ本体では大手ゲームメーカーがブースを連ねる一方、中小ゲームメーカーや個人によるゲームを積極的に紹介しているのが特徴で、今回は全65組から選考された10組のクリエーターにより作品がプレゼンされました。

・『ボールキャリー』 小野琢也

sown09_2

パソコン(PC)の「A」~「Z」キーを使って地形を変形させ、ボールをゴールへ運ぶアクションパズル。既存のデバイスで新しい体験をもたらしているのがポイントです。

・『Hazard ― The Journey Of Life』 Alexander Bruce

sown09_3

FPS(First Person Shooting)スタイルのアクションパズル。ゲーム中の選択がプレイヤーに経験をもたらし、学習していくストーリーと、哲学的な世界観がユニークな作品です。

・『Shadow Physics』 Enemy Airship

sown09_4

人物の影が主人公の3Dアクションパズル。物体の影の上を歩いて、ターゲットの星を取るとステージクリアになります。光源や物体を動かして、主人公が乗る影の形を変化させるなど、一風変わった仕掛けが満載。

・『Incompatible BLOCK』 藤木 淳

sown09_5

一見、3D積み木風ですが、ブロックを配置した結果が錯視・錯覚につながる不思議なアプリケーション。PSP用ゲーム『無限回廊』のベースとなった3Dだまし絵ソフト『OLE Coordinate System』作者による作品。

・『You Only Live Once』 Marcus Richert(雷天堂)

sown09_6

ガジェット通信でもご紹介した、Flashゲームクリエーター雷天堂の作品。1回ゲームオーバーになると主人公の死後のエピローグが延々と展開し、二度とプレイできない奇妙なアクションゲーム。

・『彼と彼女のバラバラ劇場』 ひも

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。