ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony MobileがMediaTekのプロセッサを採用したエントリーレベルの5インチスマートフォンを2013年Q3に発売するとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileがエントリーレベルの5インチスマートフォンを開発しているようだと台湾メディアのDigiTimesが報じました。情報元はいつも通り業界関係筋としています。報道によると、Sony Mobileはその端末を2013年Q3中に発売する計画で、製品の開発をXperia Eと同様に台湾のEMS企業 Arima Communications社に委託しているそうです。詳細は不明ですが、MediaTekのプロセッサを採用したものになりそうだと述べています。Sony Mobileはほぼ全ての機種でQualcommのプロセッサを採用していますが、昨年末よりMediaTekのクアッドコアプロセッサ「MT6589」を採用するという噂も伝えられています。今回の5インチスマートフォンはそのプロセッサを採用したものになると予想されます。エントリー向けらしいので、各所で噂となっているXperia Z/ZLの改良版とは別の可能性が高いと思います。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
Snapdragon 800プロセッサを搭載したLG製スマートフォン「LG-D801」がGL Benchmarkで見つかる
中国Ainol、8インチAndroidタブレット「Novo8 Dream」と「Novo8 Discovery」を発売へ
Exynos 5 OcataはLTEにも対応可能、SamsungがTwitterで明かす

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP