ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タバコ代用品!?『ネオシーダー』が静かなブーム

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『ネオシーダー』がタバコの代用品として静かなブームを巻き起こしている。
聞きなれない方も多いだろうが、ネオシーダーとはアンターク本舗が1959年から発売しているタバコ風の咳止め薬で、形状やたしなみ方はタバコそのまんま。しかも価格は一箱20本入り270円前後だ。2010年のたばこ税引き上げ以来、タバコ一箱の価格はおおむね400円台になっているので、ネオシーダーで代用するなら約3~4割の節約。評判が評判を呼んで、主だったドラッグストアチェーンや通販サイトでは欠品、入荷待ちになることが相次いでいる。

なお、喫煙者にとってうれしい?ことにネオシーダーはニコチン、タールを含んでいる、良くも悪くも本格派。味に関しては「案外、普通のタバコみたいに吸える」「スカスカタバコ」「エクスタシーの様な味」など賛否両論あるが、興味のある方は一度試してみてはいかがだろうか。

※ネオシーダーはタバコと同様、法律で20歳未満の喫煙が禁じられています。
※画像は『ネオシーダー通販☆在庫はココ!』『楽天市場』から引用しました。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP