体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なつかしの少女マンガ「ママレード・ボーイ」が 約20年ぶりに新連載スタート!

90年代を代表する人気少女マンガ「ママレード・ボーイ」が、約20年ぶりに新連載をスタート!「ママレード・ボーイ little」として、本日発売の月刊マンガ誌「Cocohana(ココハナ)」に第1話が掲載されている。

「ママレード・ボーイ」は、1992年から3年間にわたり少女マンガ誌「りぼん」に連載されていた人気作。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親たちのW離婚&W再婚で、「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることに。そして、いつしか光希は一緒に暮らす遊に惹かれていく…というストーリーで、アラサー世代の女性たちにとっては、なつかしの作品だろう。

新連載の「ママレード・ボーイ little」は、パートナーを交換した光希と遊の両親たちの2人の子どもにスポットを当てている。立夏と朔と名づけられた子どもたちは、中学校に進学。本当の家族のように毎日過ごしていたが、立夏がある日出会ったのは…?というストーリーだそう。

なお、「Cocohana」5月号には、前作「ママレード・ボーイ」第1巻が別冊付録として付いている。まずは前作をおさらいしたいという人は、是非こちらから読み始めてみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。