ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピエール瀧が〈告発する死刑囚〉を熱演! 映画「凶悪」ポスター解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


左から、映画「凶悪」第1弾ポスター・ヴィジュアル表側、裏側 イメージ画像 (C)2013「凶悪」製作委員会

 

ひとりのジャーナリストが死刑囚の告発を頼りに警察も知らない事件を解き明かし、首謀者の逮捕に至るまでを追ったノンフィクションのベストセラー書籍を原作とする映画「凶悪」が9月21日に全国で公開。その第1弾ポスターが解禁となった。

この作品では、主人公のジャーナリスト・藤井役を山田孝之、〈先生〉と呼ばれる狡猾な殺人犯・木村役をリリー・フランキーが担当し、事件を告発する死刑囚、須藤役を電気グルーヴのピエール瀧が務めることでも話題を集めている。滝が演じる死刑囚は、暴力の魔力に取りつかれたような凶悪人物でありながら人間味も併せ持つ繊細なキャラクターで、暴力シーンにも挑戦しているとのこと。なお、監督は若松孝ニに師事した若松プロダクション出身の白石和彌が務めている。

今回公開されたポスターは、骨太でセンセーショナルな映画の内容を感じさせる重厚な仕上がりに。裏側には、それぞれの役を演じる3人のシリアスな表情が掲載されている。続報にも注目しておこう。

 

山田孝之 コメント

脚本を読ませていただいたときに、是非この作品に参加したいと思いました。
タイトルの通り〈凶悪〉な内容ですが、雑誌記者である藤井が、
須藤と木村の狂気、事件の異常さに触れて変わっていくところに
面白さを感じました。正義とはあくまで自分の中だけにあるもので、
それは時として他人にとっては悪とも成りうるものだと思います。
藤井が持つ正義心は木村への強い憎しみへ変わり、
いつしか狂気の方向へ暴走してしまう。その感情の変化がこの映画では
何よりも重要と感じていたので、実話ということを深く意識せず、
脚本に書かれた藤井の人物像を理解し、表現することに注力しました。
人間誰しもが持つ二面性を、リアリティをもって伝えることが出来ればと思っています。
また、この作品には無視することのできない要素がたくさん含まれていると思っています。
エンターテイメントとしてだけで終わることなく、観た方それぞれが、
今自分が置かれている環境や社会について考えるきっかけとなれば嬉しく思います。

 

ピエール瀧 コメント

人殺しで死刑囚の役と聞き、「須藤という人物と同じ気持ちになることはできない」と正直に思いました。
ですが、監督から強い覚悟と決意を感じたので、この作品に参加させていただきたいと思いました。
この事件について、お話しをいただくまでは知りませんでしたが、原作本の印象はリアリティがあり過ぎて、とてもネガティブな気持ちになったのを覚えています。
暴力シーンを初めて演じた時は嫌な気持ちでしたが、お芝居を重ねるうちに徐々にその気持ちが薄れていく感覚がありました。
それが、暴力が持つ魔力であり、暴力の本質なのではないかと思います。
今回、〈凶悪〉なお芝居で競演したリリー・フランキーさんは日頃から親交がありますが、ここまでしっかりと二人でお芝居をしたことは初めてなのでとても新鮮でした。

 

リリー・フランキー コメント

木村役を演じることにひどく消耗しました。木村という人物を「殺人を犯すことを何とも思わず、お金がなくなることへ恐怖を感じている人物」と理解していましたが、この役を演じることは本当に疲れました。
そんな木村や須藤は常軌を逸した人物だけれども、どこか普通の人間らしい一面も時にはあり、また藤井は正義なのか偏執狂なのかわからない。
それぞれの二面性が描かれて魅力的な脚本でした。原作も脚本の後に読ませていただきましたが、「こんなにも悲惨な事件が日常に行われていたのか」という驚きとともに、色々と考えさせられる部分がありました。
木村は目的のために一見冗談っぽく殺人を起こしていきますが、監督の演出が素晴らしく、妙なリアリティがそこにはありました。またリアリティという面でいうと、劇中でピエール瀧さん演じる須藤に睨まれた時、役を越えて本当に悲しい気分になりましたが、昔からよく知っている彼との関係が、木村と須藤の関係性にも反映され、芝居によりリアリティを持たせることができたと感じています。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP