ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【トレたね】ヘルシアに待望の「コーヒー」登場!12週間でおなかの脂肪が劇的に減少!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メタボやダイエットを意識する人にとって、“特定保健用食品”は嬉しい存在だが、その中でも超定番となっている花王のドリンク「ヘルシア」シリーズから、待望の「コーヒー」が登場!

4月4日に発売されるこの「ヘルシアコーヒー」(149円)は、2003年に発売されたヘルシアシリーズの第4弾。味は“無糖ブラック”、“微糖ミルク”の2種類で、10年間にもわたる研究によって製品化された花王の自信作だ。

「ヘルシアコーヒー」のすごいところは、“脂肪燃焼促進作用”があるポリフェノール「コーヒークロロゲン酸」を、一般のコーヒーの約2倍、270mgも含んでいる点。そもそも「コーヒークロロゲン酸」は生のコーヒー豆に多く含まれているが、焙煎によってかなり失われてしまうものだそう。そこで花王の研究者らは、独自の「ナノトラップ製法」を開発。焙煎コーヒーのおいしさを維持しながら、「コーヒークロロゲン酸」のチカラを効果的に引き出し、さらの雑味の原因「酸化成分」を1/50まで減らした。実際にこの「ヘルシアコーヒー」を1日1本12週間継続して飲んだ人は、おなかの脂肪面積が9.3平方cmも減ったとか!

これだけ効果があるとなると、すぐに試してみたいものだが、気になるのはそのお味。報道向け発表会でさっそく試飲させてもらうと、“無糖ブラック”はほどよい苦みで後味すっきり、“微糖ミルク”は、まろやかでほんのり甘いながら、後味はあっさりしており、どちらも誰にでも飲みやすい味わいだ。

コーヒー業界初の脂肪を消費しやすくするこのトクホ飲料は、コーヒー党や日本のビジネスパーソンの間でブームとなること間違いなし。継続して飲むと効果がかなり期待できるそうなので、メタボが気になる方は是非試してみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP