体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジョジョ 〜その血の運命〜』富永TOMMY弘明インタビュー 「『ジョジョ』にはエネルギーの強さを感じた」

TOMMY看板

2012年10月5日より、好評放映中のアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』。原作ファンが非常にコアな作品なだけに、テレビアニメ化には当初不安の声も少なくなかった。しかし、放送が始まるとその心配は一掃、現在の「Part2」に至るまで非常に高い評価を得ている。その立役者の一つとも言えるのが、楽曲の格好良さでは無いだろうか。

「Part1」のオープニングテーマ「ジョジョ ~その血の運命(さだめ)~」は、作品が濃縮された歌詞とクールな楽曲、そして何より歌う富永TOMMY弘明の力強い歌声が非常にマッチし、iTunesでも上位にランクインするなど話題を呼んだ。

今回、アニメ専門チャンネルアニマックスが提供する音楽番組「STUDIO MUSIX」に出演する、富永TOMMY弘明にアニソンにチャレンジしての感想や、『ジョジョ』の世界感に感じることなどについて話を聞いた。

——今回、はじめての『STUDIO MUSIX』出演ですが、意気込みをお聞かせ願えますか。

富永:やっぱりこの楽曲、『ジョジョ』に。『ジョジョ 〜その血の運命(さだめ)〜』に出会いまして、メディアであるとか多くの人に聞いていただけるチャンスが増えたということで、今以上に自分の気持であるとか、何に向かって行こうか、というのを改めてしっかりしていこうかなと思ったりしています。

——MCの喜屋武ちあきさんとの絡みがあると思うんですが、どんな感じになると思われますか?

富永:僕自身、音楽的にはソウルフルであったり、ロック寄りな現場が多いので、アニメのアーティストの方との接点があまりありませんでした。ですから、現場に入らないとわからないですね。(笑)タレントというのはその場の状況で空気を変えていく存在だと思うので、僕もその状況にいい意味で巻き込まれつつ、僕なりのスパイラルが出せればいいかなと思います。難しいと思いますけどね(笑)。

TOMMY歌

——『ジョジョ ~その血の運命(さだめ)~』は初めてのアニソンということですが、歌われてみてどうですか?

富永:いわゆるど真ん中のアニソンということで言いますとはじめてですね。アニソンの捉え方にもよると思うんですけど、僕的な世代で言うといわゆるアニメの中で流行ったということで言うと『いなかっぺ大将』であったりとか『宇宙戦艦ヤマト』であるとか、『タイムボカン』だったりとかですね。コミカルなものであったりとか、人生をどうやって生きていくかみたいなことであったり、SFチックであったり、とにかくその世界観が如実に出たものだなという意識はあって、まさか自分がそういうことを歌うことになるとは思っていなかったというのが正直なところです。アニメが持っている力を改めて感じさせられる、テーマ性であるとか、キャラクターの強さであるとか、そこに起こっている色々なおもしろいこととか、すごいこととかが歌詞の中に盛り込まれていたり、奇跡的なことすらもそこにあるかのごとく歌っていく、というのにワクワクしますね。

——特に今回は『ジョジョ』という作品でしたが、ファンからの反響はどうでしたか?

富永:たとえば会場に行ってもそうですし、個人的なTwitterやFacebookみたいなSNSでもそうですけど、僕自身の名前というのがなかなか知られていなくても「『ジョジョ』の人」ということで反響がとてもありまして、幸いな事に応援や良かった、という反応を頂くことが多くて、とても嬉しいです。正直嬉しいです(笑)。

——『ジョジョ』を歌ってからこれまでと変わったこととかありますか?

富永:「富永TOMMY弘明、あ、『ジョジョ』の!」という、とても強い作品と出会えたということで僕の名前であるとか、僕の歌を実際に聞いていただけるチャンスが増えたなといのはやっぱり変わった所だと思います。自分から発信していて、なかなか思った通りに伝わっているのかな、というのもありましたけど、「TOMMYさんちょっと今度歌ってくださいよ」とか「歌いましょうよ」とか反応がありました。それが、俺は1人じゃないなっていう感じはとてもしましたね。

1 2 3 4次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。