安倍首相のFacebookに韓国人・中国人が反日コメント するも、 何故かフランス人が論破した件

Pocket
LINEで送る

2013.03.16 18:33 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :

(Photo by 足成)

戦場は安倍首相のフェイスブック

先日、安倍晋三首相がFacebookで中国を批判しました。

3月11日の東日本大震災慰霊式典に「台湾の代表の取り扱い」を理由に中国が欠席いしました。

昨年行われた慰霊式典では、台湾の代表は招待され出席していたにも関わらず名前すら読み上げられませんでした。
震災発生時、台湾は世界のどの国よりも多額の200億円を超える義援金を贈ってくれた大切な日本の友人です。台湾の人々の気持ちを傷つける非礼な対応でした。
今年はこの対応を改め、台湾に対し感謝の意を込めて「指名献花」をしていただくことにいたしました。

このことに対して中国が代表を送らなかったことは大変残念なことであります。
しかし私達はこれからも礼儀正しくありたいと思います。
そして多くの支援をいただいた台湾をはじめ全ての国に対して、感謝の思いでいっぱいであります。

(原文そのまま、引用元http://www.facebook.com/abeshinzo)

ご存知のとおり、中国は台湾を未だに独立国として認めていません。
それを踏まえたうえでも、一国の首相として毅然とした態度で感謝の意を表する安倍首相は立派だと思います。

何故かそこに食いついた韓国人

しかしそこに、今回の中国批判とは関係のない韓国人が割り込んできました。

震災でなくなった方々にはご冥福をお祈りしています。しかし、自民党政権のような保守ふりしている既得権&機会主義者のようなあんた達は理解できません。段々、右に行ってみてください。右に行けば行くほど、それがあんた達の首を縛ることになるはずです。よく考えてください。過去の事を周辺国に謝罪しない限り、あんた達がいつも叫んでいた「脱アジア」は絶対できないと思います。過去の事謝罪したドイツを見習ってください。同じ敗戦国なのに違いますね。日本の責任ある行動に楽しみにしています。

(原文そのまま、引用元同上)

と、ドイツの例を持ち込んで日本批判。
難しい問題ではあるにせよ、ここでのコメントで述べることではないでしょう。
お門違いと言わざるを得ません。

そこに食いついたのはフランス人だった

ところが、この韓国人のコメントに食いついたのはフランス人(デヴィドさん)でした。

そんなだからあなたたち韓国人は、現在最も世界で嫌われていて、それをまったく自覚できていない残念な民族なんだよ。
日本は中国、韓国に対してドイツとは比較にならないほどの補償と経済援助を行って、それをあなたたちの国は受け入れているの。それをあなたたちの馬鹿な国家は馬鹿な民衆に伝えずに、いつまでも思想教育で謝罪と賠償を求め続けさせる乞食根性を植えつけているってわけ。
60年以上前のこと、しかも謝罪どころか今のあなたたちの生活を劇的に発展させるほどの経済援助を行った後なのに。大戦の謝罪を今まさに起きていることかのように騒ぐあなたたちの頭はおかしい。

さらに言わせてもらうと、第二次大戦においてのドイツ、イタリアの行ったことは決して許されることではないし、その意識は我々フランス、欧州の各国もしっかり持っている。しかし、それらは国家としては償いを行っている。日本も同様にあなたたちの国に償いは行っている。では、何が違うのか? それは私たちは前を向いて同じ欧州の人間同士あらためて平和に向かって団結し、発展を目指しているのに対して、あなたたち韓国人、中国人は更にしつこくゴネ続けることで金を日本から揺すり取ることしか頭にない、後ろを向いて自国がいかに狂っている国家であるか?ということから目を逸らしているからである。
あなたたち韓国と中国以外の国から見ると、日本が気の毒でならない。

あと、今回の安倍総理の行為は他の国から見て当然であることで、別に褒め称えることではないのです。私は今回の安倍総理の行動は評価することではないと思う。台湾の人も感謝する必要はない。礼には礼をという精神は国家間に最低限持っておかなければならないものだからだ。
そして、政治問題を持ち上げて犠牲者への追悼の気持ちを表明しない、あなたたち韓国、そして件の中国という国家の非礼は世界から見て、ありえないほど異常なのです。
日本に住んでいてこのようなことも感じ、学ぶことができないあなたは、これ以上、日本にいる必要はないと思います

(原文そのまま、引用元同上)

そこに中国人参戦

さらにそのコメントの後、中国人が参戦。

how about think on this way..a murder use a cruel ways to kill you family ,and after it he just give you money without nothing for his apologize ..and will you say “ok thank you! I forgive you ,cuz of your money!?”

(原文そのまま、引用元同上)

「謝罪もなく、お金だけ貰えればそれでアンタは許せるの?!(筆者和訳)」と言ってきたのです。
すかさずデヴィドさんは

金銭の賠償以外にも日本はあなた達に対して何回も謝罪している。それを知らない己の無知を知りなさい。
日本、日本人を今なお殺人者扱いしてそのような呼ばわり方をするから、あなた達中国人は愚かなのです。あなた達中国は、第二次世界大戦の後にチベットという国を武力で侵攻して、多くの人を殺して、今なおまともな人権の無い制圧を続けている。そして、それを内政問題だと馬鹿な主張をする。そして、ことあるごとに、台湾という国家の国際舞台での活躍を妬み、妨害している。
私から見たら、あなた達の国家の方が悪質だ。現在を見なさい。あなた達の国は現在進行形で殺戮国であり、侵略者だ。

(原文そのまま、引用元同上)

と反論。
韓国人・中国人を相手に大立ち回りをみせたのでした。

日本語上手すぎ

このフランス人による代理ディベートは話題になり、ネット上での反応も様々でした。
このフランス人を褒め称える人もいれば、逆に異常に戦後処理問題に詳しいところに恐怖を覚える人もいました。
しかし、この件で最も驚愕するべきことは、このデヴィッドさん(フランス人)の日本語の文章力・構成力の高さです。ネットには

ちょっとフランス行って日本語勉強してくる

とコメントする人も居ましたが、まさにそのレベル。

筆者も、普通に日本語でディベートしても勝てる気がしません・・・・。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「写楽斎ジョニー」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライター

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

昭和の大名人・古今亭志ん朝、東劇に蘇る! 皆さんは「落語の名人」と聞いて、誰を真っ先に思い浮かべますか? 談志、金馬、柳朝、小三治、雲助?(敬称略)あ~、いいです、いいですねぇ。 いやはや、どの方も素晴らしい。 け...続きを読む

今年も発表されました! 年の瀬といえば、紅白でもプロレスでも『笑ってはいけない』でもありません。 いや、これらも相当に楽しみではありますが、今年で17回目を迎えた『文化庁メディア芸術祭』の発表も年の瀬です。 今年も様々な作品...続きを読む

鉄拳のパラパラ漫画最新作、公開! NHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でもお馴染み、芸人の鉄拳氏の新作動画が11月17日『家族の日』に公開され、話題を呼んでいます。 今回の作品は信濃毎日新聞とコラボレーションです。 ...続きを読む

俺達の青春が帰ってくる! テレビ東京で放送中の『ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~』に夢中の30・40代の男子に朗報です。 ゲームメーカー各社の夢のタッグによって実現したこのドラマに刺激されるように、スペシャルなCDの発売が発...続きを読む

本当に島って出来るんですね。 ファンタジー小説やゲームの中では、ボスを倒すなり条件を揃えるなりすると新しく島が出現したりしますよね。 今回ご紹介したいのは、この世に本当に新しく島が出来たってな話なんです。 パキスタンのGwada...続きを読む

新着記事

9月6日に授賞式が予定されている『第3回 ブラック企業大賞』。 以前、ガジェット通信では 『すき家』のゼンショーはノミネートされず 第3回 ブラック企業大賞ノミネート企業発表 という記事をお伝えした。 “ワンオペ”...続きを読む

つい先日、富山県立大学で生体情報理工学を専門とする唐山英明准教授が、脳に刺激を与えた際に出る脳波を読み取って個人を識別するという技術開発を、国内で初めて発表しました。現在は約90%以上の精度で個人を識別できるとされていますが、もしこれ...続きを読む

 自民党は3日午前、党本部で臨時総務会を開き、新役員人事を決定した。安倍晋三首相(党総裁)は執行部体制を刷新するため、幹事長に谷垣禎一法相(69)、総務会長に二階俊博衆院予算委員長(75)、政調会長に稲田朋美行政改革担当相(55)をそれぞ...続きを読む

セガのアーケードゲーム『ボーダーブレイク スクランブル Ver.4.0』で賞金制のゲーム大会『BBGP2015(BORDER BREAK GRAND PRIX 2015)』が開催されることが明らかになりました。これは、8月30日と31...続きを読む

心霊&ホラー系番組も落ち着く9月。すっかり怖がり疲れているかもしれませんが、『午後のロードショー』9月の毎週木曜日は“恐怖の瞬間”特集をお届け。 王道の心霊モノ、社会派ノンフィクション、名作猟奇サスペンス、色モノホラーと、あらゆる方...続きを読む