体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電力会社社員が語る『物理屋が語る『電気屋が語る「電気は足りてません」の呟き』は足りてません』は足りてません

電力会社社員が語る『物理屋が語る『電気屋が語る「電気は足りてません」の呟き』は足りてません』は足りてません

今回はtnakashi25さんのブログ『埼玉こそ最強』からご寄稿いただきました。

電力会社社員が語る『物理屋が語る『電気屋が語る「電気は足りてません」の呟き』は足りてません』は足りてません

タイトル釣りです。別に電力会社の中の人ではないです。たぶん。

元ネタ

「電気屋が語る「電気は足りていません」の呟き」 『togetter』
http://togetter.com/li/466577

「物理屋が語る『電気屋が語る「電気は足りてません」の呟き』は足りてません」 2013年03月08日 『シートン俗物記』
http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20130308/1362745879

1 俺は元電気工事屋だったから多少送電システムとかの知識がある。 その上でだ「電気が今足りてるから原発いらね」な人に言いたい。 俺も原発は無い方が良いとは思っているが、全体の30%程度の電力源 である原発を即止めるのは無理。

もう、初っ端からダメダメ。原子力はそもそも30%程度の電力源、などではなかった。「オール電化住宅」促進やら低迷する稼働率を上げるなどして、無理矢理押し上げて「3割をまかなう」と主張していただけ。
現在、原発を稼働させなくても賄える程の供給能力があるのは、原発の巨大な発電量が失われる事態に備えて設備があったからである。もともと原子力自体が電力運用を非効率にしている根本なのである。原発一基が止まれば(小さいものなら約40万kW、大きいものなら120万kWの)発電能力が足りなくなる。火発や水力ではそれほどの発電能力が一気に失われることはない。停止に備えて稼働準備しておかなくてはならない、という点では、原子力が一番問題なのだ。

双方いろいろ言われてますが、昨年の夏の結果から言えば『関西以外は原発なくても需給は足りた。』という事実だけだと思います。関西で大飯が必要だったかどうかは分かりません。それと物理屋の方が言われる規模の話ですが、火力でも舞鶴の90万Kwを筆頭に数十万クラスは珍しくありませんので条件としては同じです。むしろ新設をしていく過程で古い設備を潰すか予備として残すかという経営判断の結果で今の予備率になっているのだと思います

2 現在、火力発電所全力運転で辻褄合わせてます。1979年以降、石油火力発電所は原則建設が禁止された。そんな老朽化した設備もカムバックして動いていたりする。当然、効率も悪い。その他、石炭火力 コンバインドサイクル等いろいろな火力発電所がある。

なんで、旧式の老朽化した石油火力がカムバックしたか、といえば、原子力を促進させるため新型機にリプレイスが進まなかったから。新型のGTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)式の発電所は、発電効率が高く、原子力よりはるかに設置費用が安く、しかも工期が早い。効率向上競争も盛んだしね。GEなどは原子力から撤退して、ガスタービンに注力している。

議論が噛み合ってないような気がします。物理屋さんが老朽火力が残っているのは原発を進めたせいだといわれてますが、電気屋さんが言いたかったのは、原発が止まったことで老朽予備機までも稼働しているという事実指摘だけではないでしょうか。効率の話は次のエントリーで*1

*1:「前回の補足」 2013年03月09日 『埼玉こそ最強』
http://d.hatena.ne.jp/tnakashi25/20130309/1362830465

3 火発は超臨界ボイラーを使用していたりするため壊れやすい。年に数回は止まったりする火力発電所ってそう言うものだ。

もう、全然判ってない。今時、「超臨界」ぐらいじゃ話にならないよ。火発の主力、ガスタービン式では超臨界ボイラーどころか、超々臨界式になっているし(超々臨界、で検索してみましょう)。材料工学の点で、今時超臨界ボイラーを使っているから壊れやすい、なんて過去の話に過ぎない。ちなみに、火発のボイラーは定常運転しておくのが一番故障も少なく長持ち。ダメージを受けやすいのが、動かしたり止めたり、回転を変化させること。自動車のエンジンを考えてみれば判る。つまり、原子力の補助、とされる方が、火発ボイラーにはダメージなのだ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。