ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「丸の内タニタ食堂」初のコラボ飲料“3種のオーガニック茶”がナチュラルローソン先行発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


野菜たっぷりで栄養満点でありながら、一食500kcal前後というヘルシーメニューを提供している「丸の内タニタ食堂」。これまで、プリンやキャンディーなどのコラボ商品も発表してきました。3月12日からはナチュラルローソンにて、新コラボとなるオーガニック茶が先行発売となります。

このオーガニック茶は、日本初のアメリカ、EU、日本の有機認証を受けた「海東ブラザース」とタニタ食堂がコラボしたもの。「丸の内タニタ食堂の有機金花プーアール茶」、「丸の内タニタ食堂の有機ジャスミン茶」、「丸の内タニタ食堂の有機黒烏龍茶」のペットボトルタイプの中国茶の3種類が発売されます。

中でも「有機金花プーアール茶」は海東ブラザースが商標登録しているお茶で、市場で販売されている金花プーアール茶は全て中国の自社専用茶園で生産し、出荷してる為、本商品はまさに本家の金花プーアール茶の商品化。

また、今回のコラボ商品は全て食品添加物をいっさい使わず、無添加で製造されているため、賞味期限が9ヵ月と短い所も他に類を見ない特徴です。

プーアール茶というと「薬っぽい・飲みにくい」という印象を抱いている人が多いかもしれませんが、金花プーアール茶はとても飲みやすく、食事のお供にピッタリ。プーアール茶は消化に良いので、胃が荒れ気味の現代人にオススメです。

「丸の内タニタ食堂」初のコラボ飲料となるオーガニック茶3種類は3月12日~25日ナチュラルローソンにて先行発売。ペットボトル500mlで147円(税込み価格)。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP