ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男の知らないルーズソックスの真実とは! そもそも可愛かった?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ファッションは常に新陳代謝を繰り返し、古いファッションは飽きられ廃れていってしまう。もちろん再ブームという例もいくつかあり、最近またちょくちょく見るようになったのがルーズソックスである。

ルーズソックスと言う言葉自体、(年代にもよるが)もはや懐かしい響きだろう。ルーズソックスは1990年代半ばに女子高生の間で流行した、ソックスをダボダボにして履くという変わったファッション。男ウケは半々で「可愛い」と言う人と「可愛くない」と言う人に分かれたようだ。

そもそもルーズソックス流行った理由はなんだったのだろうか。発端としては、当時の女子高生のスカートの丈がミニスカートになったことで脚の露出が増えたのでそれを隠すためだった、と言われている。

そんなダボダボのルーズソックスだが、男は知らない“驚異の真実”があったのはご存じだろうか? (もちろんルーズソックスを履いていた彼女が居た人などは知っていることかもしれないが)

実は、ルーズソックスの長さは30cmや40cmだけではなく90cm、長いもので160cm(!)もあるというのだ。ものすごく長いものは「スーパールーズソックス」(略してスーパールーズ)といい、60cmや80cmの物を2個くっつけて作るのだという。自分の身長ほどもあるソックスを脚に履いてダボダボにしていたとは驚きである。さらにはその“ダボダボ感”を更に増すため、ゴムを自ら抜いたりする子も居たらしい。

先ほど160cmで“長い”と書いたが、実のところ中には200cmのスーパールーズソックスも存在している模様。もはや可愛さより長さを競っているかのようだ。

関連記事:黒タイツ&ストッキングフェチ写真集『くろタイ女子』をゲット 『くろタイ男子』も登場?

※画像はAmazon「ロング ルーズソックス 150cm丈 白 ホワイト」より引用 [リンク]
※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP